17日、東野圭吾氏の推理小説を映画化した「嫌疑人X的献身」(容疑者Xの献身)で、注目の主演2人の顔ぶれが発表された。

写真拡大

2017年1月17日、東野圭吾氏の推理小説を映画化した「嫌疑人X的献身」(容疑者Xの献身)で、注目の主演2人の顔ぶれが発表された。時光網が伝えた。

【その他の写真】

17日、映画「嫌疑人X的献身」の記者発表会が北京で行われ、監督第2作目に挑んだ俳優アレック・スー(蘇有朋)が出席。さらに、これまで極秘だった主演2人の顔ぶれが発表され、俳優のワン・カイ(王凱)、チャン・ルーイー(張魯一)が壇上に登場した。なお、ワン・カイが物理学者の唐川教授(湯川学)を、チャン・ルーイーが数学教師の石泓(石神哲哉)を演じている。

初監督作品「ひだりみみ」でヒットを飛ばしたアレック・スーは、もともと自身が大ファンという東野圭吾氏の小説を2作目に選んだ。自分のキャリアの中で、向き合うべき大きな難問を自ら用意した形となり、全身全霊をかけて挑んだ作品となった。脚本については、東野氏の了解を得ながらどんどん手を加え、映像についても「これだ」と思える瞬間があるまで、とことん突き詰めたと語っている。

唐川役のワン・カイについてアレック・スーは、彼以外は考えられなかったと話している。当時、遠い雲南省で撮影中だったワン・カイの元へ駆け付け、「ひざまずいて懇願するほど」の勢いで口説き落としたという。

ワン・カイは時代劇ドラマ「瑯[王邪]榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―」で人気急上昇したイケメン俳優。チャン・ルーイーは話題の日中合作巨編「空海 KU−KAI」にも出演。いずれも演技力には折り紙付きの実力派だ。なおチャン・ルーイーは、「役者が本当にやりたい芝居に巡り合うのはとても難しい」と語っており、今回がまさにその望んだ役だったことを明かしている。

「嫌疑人X的献身」は中国で4月1日から公開される予定だ。(翻訳・編集/Mathilda)