写真提供:マイナビニュース

写真拡大

みずほ銀行は1月16日〜2月17日、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と連携し、資産運用の相談に対応する3種類のコミュニケーションロボット(Pepper、Sota、NAO)をみずほ銀行八重洲口支店(東京都千代田区)のFinTechコーナーに設置している。

Pepper、Sota、NAOが利用者を迎え、「NISAのお得な話」や「海外の金利動向」「将来のお金の準備」など資産運用の話について連携して案内するという。

同行では、今回の期間限定設置を契機として、複数の異なるロボット連携による接客の実効性を見極め、将来的にはロボットによる受付から窓口業務まで一気通貫したサービス提供を展望していくとしている。