写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本エイサーは18日、同社のゲーミングブランド「Predator」(プレデター)が、e-Sportsのプロプレイヤーとして活動するチーム「SCARZ」とスポンサー契約を結んだことを発表した。

SCARZは現在、9部門のe-Sportsタイトルにおいて、50名のメンバーで活動中だ。今回の契約に関して日本エイサーは、「SCARZの自らを挑戦者とする姿勢と、ゲームプレイやデバイスにおいて常に高品質を求め続ける気質は、日本エイサーのPredatorに込める思いと合致」としている。両者は2017年度、e-Sportsの躍進を目指して、共同でさまざまな活動に取り組んでいく。

同時に、キャンペーンを開催。日本エイサーのTwitter「@AcerJapan」をフォローして該当のツイートをリツイートすると、抽選で3名に「Predator」オリジナルジャケットをプレゼントする。