女子が「私には彼しかいない」っと思った出来事6つ!

写真拡大

出会いや恋愛を重ねていく間に、「自分には、この人しかいない」と直感する相手と出会うこともあるでしょう。お付き合いをしている彼氏が、自分にとって特別な存在だと実感したことについて、女性たちに尋ねてみました。

(1)考え方や価値観が一緒

・「考え方、とらえ方が一緒のとき。価値観があっている」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「趣味や楽しいと思うポイント、ケンカをしたときの解決方法が同じだった」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

自分と同じような考え方をして、同じようなもののとらえ方ができる人というのは、そう簡単には出会えるものではありません。同じと感じるポイントに気づくほどに、この人しかいないなと実感できそうですよね。

(2)一緒にいるときには自然体でいられる

・「人には話せないようなことも話せちゃう。自然体でいれる人」(26歳/商社・卸/販売職・サービス系)
・「かっこつけずありのままで接することがお互いできる関係性があり、お互いにいい作用しているとき」(31歳/医療・福祉/専門職)

多少の気遣いなどはあるものの、決して無理をせずありのままでいられる相手と一緒にいると、もう自分にはこの人しかいないなと思えそうですよね。飾らず自分らしくいられるというのは幸せなことですよね。

(3)体調などを気遣ってくれたとき

・「体調の悪いとき気遣ってくれた。一番に自分のことを気にかけてくれると大切に感じる」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「テーマパークで一日遊んだ帰り、自分もしんどそうなのに、こちらのことを気遣って、帰りの車内で席を探して座らせてくれたとき」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

自分のことを心配してくれたり、気遣ってくれるような男性と出会えると、相手のことをとても大切に思えるのではないでしょうか? 思いやりのある男性はいますが、そうした気持ちを自分へ向けてくれるとうれしいですよね。

(4)自分のことを受け入れてくれたとき

・「急にかんしゃくを起こしても、テンションが下がっても、全然イヤな顔をせずに付き合ってくれたときは天使かと思った」(25歳/学校・教育関連/専門職)
・「私の失敗やわがままを笑って許してくれると、この人しか私を受け入れてくれないだろうなと思う」(28歳/その他/クリエイティブ職)

失敗やわがままなど、普通ならイヤがられてしまいそうなことも、快く受け入れてくれる相手と出会うと、自分にはこの人しかいないと思えそうです。自分のことを愛してくれて、受け止めてくれる人は大切ですよね。

(5)つらいときに支えてくれたとき

・「自分がつらいときに何でもしてくれた。苦しいときに一緒にいた人と、これからも一緒にいたいと思った」(24歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

悩んでいたり、ひどく落ち込んでしまっているときなどに、親身になって支えてくれたりすると、他の人はもう考えられなくなってしまうかもしれませんね。感謝の気持ちも込めて、ずっと一緒にいたいと思うのではないでしょうか?

(6)自分のことを心から理解してくれる

・「自分の弱さを理解してくれる。話を聞いてくれる。ずっと好きでいてくれる安心感がある」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「自分のダメなところを知った上で付き合ってくれている。そんな人はこの人しかいない!って思った」(34歳/学校・教育関連/その他)

自分を愛してくれる男性はいたとしても、あらゆる面を理解してくれるような人にはなかなか出会うことはできません。また、理解した上で一緒にいてくれようとする人とはさらに出会うのが難しいかもしれません。こうした男性はほかにはいないかもしれないので、絶対離れてはいけないでしょうね。

■まとめ

人生のうちでたくさんの人との出会いがあるかと思いますが、この人しかいないと確信できる相手と出会うことは奇跡に近いものがあります。一度でも、この人以外に考えられないと感じたら、ぜひともその相手と縁を大切にしてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数164件(22〜34歳の働く女性)