写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エレコムは17日、Seagate製外付けHDD「Expansion」シリーズの販売を開始した。インタフェースはUSB 3.0で、デスクトップタイプとポータブルタイプの2種類を用意する。どちらもPCだけでなく、テレビに接続しての録画用ドライブとしても活用可能。価格はオープン。

USB 3.0に対応し、理論値で5Gbpsという高速転送が可能な外付けHDD。NTFS形式にフォーマット済みで出荷されるため、Windows PCでは接続するだけですぐ使用できる。本体はファンレス設計で静音性を高めているほか、24時間連続録画も可能な高耐久という。

デスクトップタイプ「SGD-NYU」シリーズは、横置きと縦置きに対応するモデル。容量は1TB / 2TB / 3TB / 4TB / 5TBをラインナップする。カラーはブラックと日本国内限定販売のホワイトだが、ホワイトは2TBと3TBモデルのみとなる。本体サイズはW120.6×D176.0×H36.6mm、重量は約950g。ACアダプタで駆動する。

ポータブルタイプ「SGP-NYU」シリーズは、手のひらに収まる小型・薄型のモデル。容量は500GB / 1TB / 2TB / 4TBをラインナップする。カラーはSGD-NYUと同じくブラックと日本国内限定販売のホワイトだが、ホワイトは500GBと1TBモデルのみ用意する。本体サイズはW80×D117×H14.8mm、重量は約170g。駆動はUSBバスパワー。

いずれも対応OSは、Windows 7 / 8.1 / 10、macOS Sierra 10.12、OS X 10.8 / 10.9 / 10.10 / 10.11 / 10.12。

(柴田尚)