© 2017 Vine Labs, Inc.

本日(2017年1月18日)、動画作成アプリ『Vine』が『Vine Camera』にリニューアルしました!

Vine Cameraは今まで通り6秒の動画を撮影することができます。さらに作成したループ動画は直接『Twitter』に投稿できるようになっています。

この記事では「Vine Cameraで動画を撮影・投稿する方法」を紹介します。

Vine Cameraで動画を撮影して、Twitterに投稿しよう

Vine Cameraで動画を撮影する方法は、以前のVineアプリの撮影方法とほとんど変わりません。

アプリを起動するとすぐに動画を撮影できます。
動画を撮影したいときは画面を長押しするだけで簡単に撮影できますよ。長押ししている間だけ撮影でき、最大6秒間まで撮れます。動画の長さは上に表示されている緑のバーで確認できるようになっています。


撮影した動画は右下から「下書きに保存」することもできるんです。とりあえず保存しておきたいときに便利ですよ!


撮影した動画を保存・投稿したい場合は、右上の矢印をタップしましょう。


撮影した動画が確認できるので問題なければ【次へ】をタップします。撮影した動画を保存したいときは「カメラロールに保存」を選択、Twitterに投稿したいときは「Twitterで共有」を選択してください。
Twitterにキャプション(説明文)を添えて動画を投稿したいときは「キャプションを追加」に入力すると、動画と一緒に投稿するキャプションを指定できます!※最大140文字

下の【完了】をタップすると、チェックした項目が反映されます。


実際に動画を撮影してTwitterに投稿して、同じような手順で投稿した動画がこちらです。

アプリ内で下書き保存が可能なので気軽に撮影することができますよ。今後ループ動画を撮影したいときはVine Cameraを活用してみてはいかがでしょうか。