SHINee ミンホ、愉快なコミカル演技からクールな姿まで…「花郎」で見せた演技力

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
SHINeeのミンホがドラマ「花郎」にエネルギーを吹き込んでいる。

17日に韓国で放送されたKBS 2TV月火ドラマ「花郎」第10話には、劇中でスホ役を演じるミンホが自身の妹スヨン(イ・ダイン) をバンリュ(ト・ジハン) がセクハラしたと思っていたことは実は誤解で、逆に妹がバンリュを自身だと勘違いし、いたずらした事実に気付くというエピソードが登場した。この過程でミンホのコミカルな姿が愉快に描かれ、笑いを誘った。

特に、劇中でバンリュに復讐するため奮闘していたミンホは、結局妹に殴られ気絶することはもちろん、試験で不合格になり、結果を叱る父親の前でも臆せず、逆に堂々と答える姿などをしらじらしく演じた。ミンホは時間が経つにつれ、さらに明るくて愉快なキャラクターを完璧にこなし、視聴者から良い反応を得ている。

続いてミンホは、妹が一族の敵であるバンリュに気があるという事実を知り、当惑しながらも普段からよく喧嘩をするバンリュを誰よりよく理解しており、本人が間違っていた事実を認め、クールに誤解を晴らすなど、義理を果たすカッコいい姿も見せ、次回への期待をより一層高めた。

「花郎」は、韓国で毎週月曜日と火曜日の午後10時に放送される。