Doctors Me(ドクターズミー)- 甘いもので疲れは取れない!? 過剰に甘いものを摂取する5つのリスク

写真拡大 (全6枚)

チョコレートやケーキなど、甘いものが好きないわゆる「甘党」の方も多いかと思われます。

しかし、いくら好きだからと言って過剰摂取してしまうと、体にどのような影響が起こりうるのでしょうか。

今回は甘いものが招く健康リスク、そしてオススメの間食方法を医師に解説していただきました。

甘いものを欲してしまう原因


甘いものに含まれる糖分は、身体の中に入るとすぐにエネルギーに変わります。そのため、お腹がすいていたり、肉体的や精神的に疲れているときに食べると、疲れが取れたような感覚を得やすい、ということが原因として考えられます。

また、甘いものに含まれる砂糖には依存性があり、慣れるとどうしても甘いものなしでは落ち着かなくなってしまうということも考えられます。

甘いもので得られる健康効果


脳への素早い栄養補給


仕事や考え事などで頭を使って疲れたときに、甘い食べ物(ブドウ糖)を摂ることで、頭の疲れがすっきりし頭の回転を取り戻した感じが出ることがあります。

ストレス解消


適度な甘いものによって、落ち着きを得られたり、ストレス解消の効果があります。

甘いものを過剰に食べると起こる体への悪影響


疲労感


お腹がすいているときに大量の糖分を摂ると、血糖値がいきなり上がって、膵臓から分泌される血糖値を下げるホルモンであるインスリンが多く分泌されます。

そして今度は血糖値が下がりすぎるといったように、血糖の急激な低下が起き、疲労感が出る場合があります。

肥満


甘いものの中には、糖分が非常に多いものや、糖分以外に動物性油脂なども多く含むものが多いため、体重増加や肥満につながることがあります。

虫歯


虫歯も甘いものとの関連が有名ですが、口の中の細菌が糖分を利用して酸を作り、その酸が歯を溶かしてしまうことで虫歯の原因となります。

砂糖に対する依存


砂糖には依存性があり、 甘いものを欲する場合があります。

糖尿病


血糖値が下がるとイライラしたり、さらに甘いものが欲しくなるといった悪循環にはまり込むことになります。
最悪の場合は、この積み重ねが糖尿病の発症につながるケースがあります。

過剰摂取すると健康リスクが高い甘いもの


ケーキ、チョコレート


糖分、油脂を多く含み、摂りすぎは肥満などの原因になります。

清涼飲料水


冷やして飲む飲料だと甘みを感じにくく、どのくらい糖分を摂取したかわかりにくい部分があり、気づいたら大量に砂糖を摂取していた、ということになりかねません。

甘いものが食べたくなった時のオススメの間食


頭を使って疲れたときなどに甘いものを少量で一口、というのは効果的な食べ方です。

お砂糖をたっぷり使った食べ物だけでなく、果物少量やドライフルーツを少し、といった食べ方であれば、ビタミンなども摂れて好ましいです。

最後に医師から一言

甘いものは確かにおいしいですが、節度を持って食べるようにすることが非常に大切です。

(監修:Doctors Me 医師)