ワイモバイル、Android Oneに準拠したセキュリティ充実のスマートフォン2機種をリリース

写真拡大 (全5枚)

 ワイモバイルは18日、新商品として、Googleの「Android One」に準拠したスマートフォン「S1(エスワン)」「S2(エスツー)」の2機種を、2017年2月下旬以降順次発売する。

 Android Oneスマートフォンは、最新のAndroidが利用でき、かつ最新のセキュリティ機能が自動アップデートでGoogleから提供される点が特徴。新商品のS1・S2に関する概要は、以下の通り。

■S1

 シャープ製のスマートフォンS1は、5インチのフルHD(1,920×1,080)ディスプレイ搭載スマートフォン。Android Oneに準拠しているほか、「Google 音声検索」や「Google マップ」「YouTube」といった、ユーザーの利用頻度の高いGoogle の標準アプリケーションなどをデフォルトで搭載。

 スペック面では、省電力技術に優れたIGZO液晶を搭載しているほか、1,310万画素のリアカメラ、800万画素のインカメラを搭載し、高精細な「自撮り」撮影も楽しめる。2,530mAhのバッテリーと省電力技術に優れたIGZO液晶によって、3日間以上利用可能という点も魅力だ。

 また、IPX5/IPX7規格の防水、IP6Xの防塵にも対応している。カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、ピンク、ターコイズをそろえ、2月下旬以降の発売となっている。

■S2

 京セラ製のスマートフォンS2は、5インチのフルHD(1,280×720)ディスプレイを搭載したスマートフォン。

 こちらも、Android Oneに準拠。IPX5/IPX7規格の防水、、IP5Xの防塵にも対応。突然の雨で濡れてしまったり、胸のポケットやバッグから不意に落としたりしても安心して利用できる。また、濡れた手や手袋を着けた手でも操作ができるタッチパネルディスプレーを搭載している点や、赤外線などの便利な機能が充実している点も魅力だ。

 リアカメラは1,300万画素、フロントカメラは200万画素を搭載で、バッテリー容量は2,310mAh。カラーラインナップは、レッド、ネイビー、ホワイトをそろえ、3月上旬発売予定となっている。