写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ファーウェイに好機到来?
日本でも人気の「格安スマホ」市場で、楽天モバイルなど主要な事業者と組みシェアを拡大する中国ファーウェイ。世界のスマホ市場でも破竹の勢いを見せる同社の弱点は、米国展開が遅れていることだ。米ラスベガスで開催された家電見本市「CES 2017」で、ファーウェイはどのように巻き返しを図ったのだろうか。

○鬼門だった米国市場に本格参入を狙う

2017年1月5日から8日まで、米ラスベガスで開催された家電見本市「CES 2017」。その基調講演に、ファーウェイのコンシューマー事業を統括するリチャード・ユー氏が登壇し、同社の最新状況について語った。

米国でのファーウェイは、2012年に米議会からネットワーク機器に安全保障上のリスクがあると指摘され、大きくイメージダウンした経緯がある。だが、いまや世界のスマホシェアはサムスン、アップルに次ぎ、ファーウェイは三番手につけている。ユー氏が掲げる「アップルを抜いて世界第2位になる」という目標達成のために、米国市場の攻略は避けて通れない課題だ。

米国のスマホ市場で2強といえるのがサムスンとアップルだ。サムスンは家電最大手として確固たるブランドを築いており、バッテリーの発火問題が世界的に非難を浴びた「Galaxy Note7」の失敗後も、その屋台骨は大きく揺らいでいない。CES 2017でもサムスンブースやVR体験エリアは大盛況となった。

とはいえ、サムスンはバッテリー問題を完全には克服できておらず、攻めに転じることが難しい。「王者」が足踏みしている間、ファーウェイにとっては絶好のチャンスといえる。

●ファーウェイ躍進の理由
○研究開発への投資額ではアップルを上回る

なぜファーウェイはスマホ市場でシェアを急拡大できたのだろうか。一般には、最近のスマホはどれも似たり寄ったりで、価格の安い中国製が有利、というイメージがあるかもしれない。

実際のところ、ファーウェイ端末が性能や品質に比べて安価であることは国内メーカー関係者も認めるところだ。だが、ファーウェイは基幹部品であるSoCを自社で開発し、カメラでは独ライカカメラと提携するなど、要素技術でも他を圧倒している面がある。

また、今日のスマホはハードだけでは売れない。「デュアルカメラ」はブームになっているが、2つのカメラをどう活用するかはソフトウェア次第だ。世界的に人気の「自撮り」(セルフィー)も、肌を美しく描写するモードが女性を中心に受けているが、これもソフトウェアの力がなせる技である。

さらにファーウェイはスマホなど端末事業に参入する以前から、携帯電話の基地局などインフラ事業で定評がある。ユー氏が「あまり知られていないが、世界人口の3分の1をつないでいる」と語る通り、ネットワークインフラを支える裏方の企業でもあるのだ。

これらのインフラ事業を含め、ファーウェイは研究開発への投資が盛んな企業としても知られており、2016年は92億ドルで世界第9位とアップルを上回った。今後は研究開発への投資額で世界トップを目指すという。

●米国攻略なるか
○グーグルとアマゾンの協力で、イメージ払拭なるか

CES 2017でファーウェイは、最新モデルの「HUAWEI Mate 9」を米国で発売することを発表した。大画面で高性能、最新ソフトウェアのデュアルカメラを搭載しており、先行して発売した日本では売り切れが続出した。最近のファーウェイの躍進を象徴するようなモデルだ。

ただし、米国でも同じようにうまくいくかどうかは未知数だ。安価なプリペイド端末とは異なり、ハイエンド端末ではブランドへの信頼度も重要になってくる。消費者にファーウェイというブランドを訴求していく上で、過去のマイナスイメージを払拭するところから始めざるを得ないのは厳しい状況だ。

CESの基調講演では、期待を抱かせる一幕もあった。グーグルのVRプラットフォーム「Daydream」とアマゾンの音声アシスタント「Alexa」に対応することを表明し、両社の幹部がステージに登壇したのだ。Daydream対応のスマホはサードパーティ端末としては数えるほどしかなく、Alexaを標準搭載したスマホは世界初になる。米国を代表するグーグルとアマゾンという強力な援軍を得たことで、まずは米国市場に足がかりを作ったといえるかもしれない。

(山口健太)