少女時代 ソヒョン、ウェブドラマ「ルビールビーラブ」で見せた新しい一面“お団子ヘア&引きこもり”

写真拡大

ステージの上では妖精のような彼女が、お団子ヘアをして引きこもりになった。少女時代の末っ子、ソヒョンが大胆に変身した。

18日、NAVER TVではOnStyleのウェブドラマ「ルビールビーラブ」の第1話、第2話が公開された。同作でソヒョンはフリーランサーのジュエリーデザイナー、イ・ルビ役を務めた。

しかし、イ・ルビには致命的な秘密があった。過去、友人の陰口で引きこもりになってしまったのだ。実力は高いが、世の中に出ていけない性格でその実力を発揮できずにいた。

そんな彼女にチャンスが訪れた。ジュエリーデザイン公募展で大賞を受賞したのだ。しかし、イ・ルビは「授賞式に参加できない」と避けた。彼女をサポートしているタン・ホバク(ファン・ソクジョン) は「授賞式に参加しないと、ブランドを立ち上げることができない」と説得したが、イ・ルビは簡単には心を変えなかった。

待望の授賞式の日イ・ルビは授賞式に参加せず、ウォン・ソク(イ・チョル) が代理で受賞するために立ち上がった。その時、驚きの展開があった。思う存分お洒落をしたイ・ルビが現れ、堂々と人前に立ったのだ。

しかし、ここには一つ秘密が隠されていた。謎の男性から貰ったルビーの指輪をはめると、このような驚きの変身ができたのだ。

イ・ルビを演じたソヒョンは登場から深い印象を残した。くせ毛と結い上げたお団子ヘア、大きなメガネ、赤くなった頬まで。少女時代の末っ子ソヒョンとは思えないほどの大胆な変身ぶりだった。

演技も自然だった。人の前に出ることができない引きこもりのキャラクターを繊細に表現した。画面の中でソヒョンはイ・ルビ役を豊かに表現した。

ソヒョンの自然な演技力により、劇への集中度も高まった。ステージの上の妖精ではなく、引きこもりのイ・ルビとしての一歩を踏み出したソヒョン。ソヒョンが今後どのような演技で面白みと笑いを届けるのか、関心が集まっている。