画像

写真拡大 (全2枚)

 Amazonは、1月18日、スタートアップを支援するグローバルプログラム「Amazon Launchpad」の提供を日本で開始した。革新的な製品を日本や世界各国のAmazonユーザーに紹介・販売することで、スタートアップにビジネス成長の機会を提供する。

 Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、1月18日、スタートアップを支援するグローバルプログラム「Amazon Launchpad」の提供を日本で開始することを発表した。同プログラムでは、特設ストア「Amazon Launchpadストア」で、スタートアップによる革新的な製品を紹介するとともに、スタートアップにマーケティングおよびセールスサポート、配送サービスを提供するもの。

 同日オープンした「Amazon Launchpad ストア」では、ウェアラブルデバイス、スマートホーム、知育・学習玩具など250を超える製品が取り扱われており、既に、MAMORIO、BONX、VIE STYLE、KAMARQなど15社以上の日本のスタートアップが参加している。

 なお、「Amazon Launchpad」は100社以上のベンチャーキャピタル、クラウドファンディング、アクセラレーター、インキュベーターと世界各国で協力し、対象スタートアップを募集している。日本では、一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA)や、クラウドファンディングのMakuake、シードアクセラレーターのABBALabと一緒に活動している。

MarkeZine編集部[著]