アウディのスーパーミニこと、「A1」次期型のプロトタイプを豪雪のスカンジナビアでカメラが初めて捉えました。

1

フロントエンドを見ると、アウディ最新のスクエアデザイン・ヘッドライト、ワイドになった六角シングルフレーム、リフレッシュされたエアインテークが確認できます。

プラットフォームにはより剛性を高めた「MQB A0」を採用し、ホイールベースを延長、居住空間の向上を図りつつ、軽量化にも成功させているといいます。

注目のニュースは、3ドアモデルの廃止です。次期型では5ドアモデルのみの設定となると同時に「スポーツバック」の名称が外される可能性もあるようです。

パワートレインは最高馬力150ps以上を発揮すると思われる、新開発のダウンサイジング1リットル直列3気筒ターボをはじめ、2リットル直列4気筒ターボなどがラインナップされますが、プラグインハイブリッドやエレクトリックモデルの設定は見送られる模様です。

ハイテク面では、自慢の「アウディ ヴァーチャル コックピット」や、最新世代のインフォテイメントシステムが装備されます。

ワールドプレミアは2017年秋以降が有力です。

(APOLLO)

3ドア廃止で5ドアモデルのみ設定へ!アウディのスーパーミニ・A1次期型をキャッチ(http://clicccar.com/2017/01/18/434352/)