上段左から平岳大、東出昌大、中越典子。中段左から北村有起哉、伊藤歩、音尾琢真、和田正人。下段左から滝藤賢一、キムラ緑子、西岡徳馬

写真拡大

累計発行部数が580万部を超える司馬遼太郎の同名長編小説を、岡田准一主演、原田眞人監督で映画化する『関ヶ原』。この作品の豪華キャスト第2弾が発表となった。

岡田准一と役所広司が石田三成役と徳川家康役に扮し関ヶ原で対決!

本作は、戦国史上最大の合戦・関ヶ原の戦いをモチーフに、豊臣家への忠義から立ちあがり、史上最大の合戦に挑んだ石田三成率いる西軍が、天下取りの私欲のために戦う徳川家康率いる東軍になぜ負けたのかに迫った作品。岡田が主人公の三成役を演じ、役所広司が家康役、有村架純が三成の下で忍びとして、女性として支え続ける初芽(はつめ)役を演じる。

今回発表となったのは、平岳大、東出昌大、中越典子、北村有起哉、伊藤歩、音尾琢真、和田正人、滝藤賢一、キムラ緑子、西岡徳馬といった個性あふれる演技派俳優陣。

西軍では、平岳大が石田三成の右腕として、陰日向に主君を支え勇猛果敢に戦う島左近役。東出昌大が天下分け目の決戦の命運を握る小早川秀秋役。中越典子が左近の妻で、優秀な看護師でもあった花野役に扮する。

対する東軍では、北村有起哉が徳川家康を支え、“井伊の赤鬼”の異名を持つ猛将・井伊直政役。伊藤歩が初芽と同じく「伊賀の忍び」として家康に仕え、次第に側近となっていく蛇白役。TEAM NACSの音尾琢真が三成憎しの思いから家康を支持する武断派の武将・福島正則役。和田正人が同じく7人衆の黒田長政役を演じる。

また、三成を取りたてた豊臣秀吉役には、2016年に6本もの映画に出演、今もっとも勢いのある実力派・滝藤賢一。その妻にして徳川方を支持する北政所役に、名バイプレイヤーのキムラ緑子。三成と家康の間で強烈な存在感を発揮する前田利家役に西岡徳馬が扮する。

その他、西軍には、三成の盟友・大谷刑部役に大場泰正。左近の息子・島信勝役に山村憲之介。三成の腹心・八十島助左衛門役に堀部圭亮。五大老・宇喜多秀家役に生島翔。五奉行・増田長盛役に中村育二。安国寺恵瓊役に春海四方。島津維新入道役に麿赤児。島津豊久役に三浦誠己。上杉景勝役に辻本晃良。初芽と同じ伊賀忍者・赤耳役に中嶋しゅう。

東軍には、本多正信役に久保酎吉。本多忠勝役に天乃大介。松平忠吉役に吉村界人。加藤清正役に松角洋平。細川忠興役に関口晴雄が扮している。

本作への出演に、島左近を演じる平は「今まで経験したことのないような現場の緊張感の中、俳優の真価を問われるような作品でした。その戦いっぷりをぜひ劇場でご覧ください」。小早川秀秋に扮する東出は「『いつかご一緒したい』と願っていた原田眞人監督のもと、敬愛する司馬先生の作品に出演できたことが本当に嬉しく、また、一司馬ファンとしても映画の完成をとても楽しみにしています」とコメント。

豊臣秀吉を演じる滝藤は「俳優の道を志した時から豊臣秀吉という人間を演じるのが夢でした。『クライマーズ・ハイ』から10年。僕にとって原田組は独特の緊張感が張り詰めている希有な現場。あぁなんて幸せな俳優人生なんだろう…感無量です!」と話している。

『関ヶ原』は8月26日より全国公開となる。