12日、中国人の旅行先としての韓国の認知度と選好度がともに前年より下がったことが韓国観光公社の調査で明らかになった。写真は韓国ソウルを代表する観光スポット光化門。

写真拡大

2017年1月12日、中国人の旅行先としての韓国の認知度と選好度がともに前年より下がったことが韓国観光公社の調査で明らかになった。韓国・聯合ニュースが伝えた。

韓国観光公社と調査会社のニールセン・コリアが共同で主要20カ国・地域の男女1万2000人を対象に昨年実施したオンラインアンケートによると、旅行先としての韓国の魅力などについてどれほど知っているかを示す「観光認知度」が最も高かったのはタイ(84.0%)で、中国(81.6%)、インドネシア(70.9%)、ベトナム(69.6%)、香港(68.7%)と続いた。

旅行先として韓国をどれほど好むかを示す「選好度」は、ベトナム(78.3%)が最も高く、タイとフィリピン(各77.7%)、中国(76.8%)、インドネシア(75.9%)の順となった。

中国人の韓国に対する観光認知度は前年の84.4%から81.6%に低下。選好度も80.4%から76.8%に下がった。

韓国に対する観光認知度、選好度の20カ国・地域平均はそれぞれ53.2%、57.5%で、いずれも3年連続で上昇した。韓国観光公社は、ドラマ「太陽の末裔」で人気を集めたソン・ジュンギが昨年、韓国観光公社の広報大使を務めたこと、米人気司会者のコナン・オブライエンが韓国観光のPR動画に出演したことなどが認知度と選好度の上昇につながったとしている。(翻訳・編集/柳川)