『人生でチャンスをつかむ女性の10の法則 』プルデンシャル生命 チーム「Make a Chance(メイク ア チャンス)」(著)プレジデント社刊

写真拡大

「女性たちがチャンスをつかみ、活躍するためには?」
そんなテーマのもと、キャリア支援や企業ブランディングのプロと、プルデンシャル生命保険が手を結んで立ち上げた「Make a Chance Project(メイク・ア・チャンス・プロジェクト)」。
プルデンシャル生命で活躍する女性ライフプランナーたちに調査とインタビューを行った結果、女性がチャンスをつかんで輝くための「成功法則」が見えてきました。営業職はもちろん、あらゆる職種・ポジションの女性にとって成長のヒントとなる「10の法則」を、5回に分けてご紹介します。

■法則(7)大きな決断は、99%直感に従う

チャンスが訪れていることがわかっていながら、なかなか決断がつかず、逃してしまうことがあります。あるいは、自分の判断に自信が持てず、他の人の意見に流された結果、あきらめてしまう人もいます。

あとになって「やはりチャレンジしておけばよかった」と悔やまないためには、自分の直感を信じて行動を起こすことも大切です。自分の信念にもとづいて決めたことであれば、途中で迷うことも少なく、走り続けることができるでしょう。直感を信じて大きな決断を下してきた女性たちは、なにを根拠として、決断に踏み切れているのでしょうか。

◆江森陽子さんの場合

「時間を『コスト』と捉えています。迷っている時間はもったいない。タイムイズマネーと言われるように、時間はお金を出して買ってもいいくらい価値があるものだと考えています。人間って不平等なことがいっぱいあるけれど、持っている時間だけはだれもが平等。なるべく有意義に活用したほうがいい。人生とは決断の連続です。朝、目覚まし時計が鳴ったらすぐ起きるのか、あと10分寝るのか。ランチはどこで、なにを食べるのか。常に決断を迫られ、自分の迷いと戦っています。人は1日のうち、1万回以上の決断をするといいます。それら一つひとつの決断スピードを意識して上げていくことで、どんどん効率的になり、直感力も養われると思います」

◆根岸由佳さんの場合

「結婚後、仕事を辞めて専業主婦として日々を過ごしていた時期、情熱を注げる夢がないことがいかに苦しいことかを実感したんです。そこで、FXのデイトレード、ネットショップ運営、フラワーアレンジメント教室のお手伝い、フラワーショップでのアルバイト、派遣の営業事務など、興味がわいたものにいろいろとチャレンジしてみました。どれもしっくり来ずに模索を続けているとき、ライフプランナーという仕事に出会い、『自分が輝けるのはこのステージ』と直感。すぐに入社を決めました。さまざまな経験をしたからこそ、本当に自分がやりたいことに出会ったとき、迷わず選ぶことができたのだと思います」

■法則(8)壁が見えたらラッキーと思う

人生を歩んでいく中で、誰もがどこかで「壁」にぶつかります。

そんなとき、今来た道を戻ったり、壁づたいに平行線上を歩いていく方法もあるでしょう。でも、それでは壁の向こうにどんな景色があるのか気になったまま、逃げ腰な自分に自己嫌悪感を抱いてしまうこともあるかもしれません。一方、壁に向かってどうすれば超えられるかをずっと考え続ける人、とりあえずよじのぼってみる人も。この場合、考えている途中、のぼっている途中で「この壁を超えることに何の意味があるんだろう?」という疑問が浮かび、挫折してしまうこともあるかもしれません。

いずれにしても、大切なのは「マインドセット」。壁に対して、自分がどんな心構え、姿勢で向き合うのかを考え、納得することが大切です。

「成長する喜び」に目を向けて「ラッキー」くらいに捉えてみる。そうすることで、壁を乗り越えるエネルギーが湧き、壁の向こうにあるチャンスをつかむことができるはずです。
実際、壁を乗り越えている女性たちは、どんな想いで向き合っているのでしょうか。

◆長谷川尚子さんの場合

「子どもの頃から父の仕事の都合で海外で暮らし、文化も生活習慣も異なる国を転々としてきました。その経験から、『新しい環境に飛び込むことは、大変でもあるけれど、必ずおもしろい発見がある』と学んだのです。思い切ってチャレンジしてみることで初めて見える風景、築ける人間関係があります。そのように自分が成長できるきっかけを逃すのはもったいない。新しく出会えるものへの期待と、それによって成長できる自分をイメージしてみれば、これまで壁だと感じていたものが、壁と感じなくなるかもしれません。とはいっても、やはり最初の一歩を踏み出しにくいこともあります。まず目の前にある比較的取り組みやすい壁にトライしてクリアし、自信を得た上で高い壁にチャレンジするのもいいでしょう」

◆甲斐貴子さんの場合

「十数年前になりますが、離婚後、看護師として働きながら1人で3歳と5歳の子を育てていた頃、原因不明の難病を患いました。死を間近に感じ、絶望感にとらわれていた時、知人から言われた『神様は、その人が乗り越えられない壁は与えない』という言葉が心にすっと入ってきました。それから、根拠がなくても『大丈夫』と信じることにしたんです。回復してからも、その言葉を胸に刻んでいます。ライフプランナーとして働く今は、常に壁を乗り越える感覚で自ら立てた目標を追っています。結果、大きな実績を挙げることができましたが、大胆な行動をとったわけでなく、目の前の目標にコツコツと取り組んできただけ。その積み重ねで、いつの間にか壁を越えている、という感覚です」

※本連載は書籍『人生でチャンスをつかむ女性の10の法則』(プルデンシャル生命 チーム「Make a Chance」著)からの抜粋です。

(プルデンシャル生命 チーム「Make a Chance」)