写真提供:マイナビニュース

写真拡大

グレープシティは、帳票開発ツールActiveReports for .NET(アクティブレポート)の新バージョン「ActiveReports for .NET 11.0J」を2月28日から発売すると発表した。

ActiveReports for .NETは、Visual Studio上で帳票アプリケーションを開発できる .NET Frameworkコンポーネント。ActiveReportsでは、日本のあらゆる帳票レイアウトに対応できるよう「セクションレポート」「ページレポート」「RDLレポート」という3つの帳票デザイン方式を採用している。新バージョン11.0Jでは、「ページレポート」「RDLレポート」のエンジンを刷新し、帳票生成時の省メモリ化と高速化を実現したという。

また、Excelで作成された帳票レイアウトからActiveReportsの帳票定義ファイル(*.rdlx)を自動生成する専用ツールも新バージョンより付属。Excelで運用していた帳票のシステム化対応のほか、他の開発ツールで作成した帳票デザインをExcel経由で移行する、Excelで作成した帳票仕様書から帳票定義ファイルを生成するといったケースに活用できる。

ほかに既存レポートの再利用性を高めるレポートパーツの採用、対応データソースの追加(CSV、JSON)、PDF印刷プリセットなどの機能を追加している。

1開発ライセンス価格はProfessionalが302,400円、機能をしぼったStandardが172,800円。なお、開発ライセンスは、これまでのコンピュータ1台に対して1ライセンスだったマシン単位のライセンス体系から、今回からユーザー単位での体系になり、1ライセンスで3台のマシンに製品をインストールできる。