ソ・ヒョンジン「浪漫ドクターキム・サブ」放送終了の感想を伝える“今の時代に相応しいドラマだったと思う”

写真拡大

ソ・ヒョンジンが「浪漫ドクターキム・サブ」の放送終了の感想を述べた。

17日、ソ・ヒョンジンの所属事務所JUMPエンターテインメントは公式NAVER TVチャンネルを通じて、SBS月火ドラマ「浪漫ドクターキム・サブ」でユン・ソジョン役を務めたソ・ヒョンジンの放送終了に対する感想映像を公開した。

公開された映像でソ・ヒョンジンは「9月に撮影を始めたが、いつの間にか時間が経って放送終了を迎えた。『浪漫ドクターキム・サブ』は今の時代に相応しいドラマだったと思う。多くの方の慰めになっていたことを願う」とし、「あまりにも多くの声援を送って頂き、感謝している」と視聴者に感謝の気持ちを伝えた。

また「私は今後も素敵な場所で、素敵な位置で、素敵な演技でみなさんのもとを訪れることができるように努力する」と誓い、「2017年、みなさんの健康を願う」と新年の挨拶も忘れなかった。

劇中でソ・ヒョンジンは熱血努力派医師のユン・ソジョン役を務め、熱演した。特に突発的な状況になると“狂ったクジラ”(劇中のユン・ソジョンのニックネーム) な本能を働かせ、正義なる医師の一面を披露して注目を浴びた。医師役は初挑戦であったにもかかわらず、ユン・ソジョンというキャラクターを緻密に演じきり、演技変身も成功したと評価された。

ソ・ヒョンジンは「2016 SBS演技大賞」で優秀演技賞(ドラマ部門)、ベストカップル賞、10大スター賞を獲得し、3冠の栄誉を手にしてその活躍を認められた。安定した演技力で作品ごとに“人生一のキャラクター”を更新しているソ・ヒョンジンに多くの期待が寄せられている。