番外編「浪漫ドクターキム・サブ」ハン・ソッキュ&キム・ヘスの再会…シーズン2への期待高まる

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
番外編を見たら「浪漫ドクターキム・サブ」シーズン2への願いがさらに切実になった。

韓国で17日に放送されたSBS「浪漫ドクターキム・サブ」の番外編「キム・サブの初恋」では、ドルダム病院を訪れたキム・サブの初恋相手、イ・ヨンジョ(キム・ヘス) の姿が描かれた。イ・ヨンジョはキム・サブにエイズ患者の手術をお願いした。キム・サブはリスクがある同手術を受け入れ、医師としての真面目さを発揮した。

イ・ヨンジョは国境なき医師団で活動し、世界の随所でボランティア活動を行った人物だ。戦争地域にまで派遣され、生死を行き来する経験もした。このような経験を活かし、銃傷患者の手術を成功させたイ・ヨンジョは「最後のボランティア活動に行った場所で、爆弾が落ちた。一緒に働いていた同僚が全員死んだのに、涙が出なかった。ただ憤った。なぜ私にこんなことが起きたのだろうか。人が嫌いになり、怖くなった。確かに始まりはこうではなかったのに。どうやら私は道に迷ったみたいだ」と打ち明けた。

キム・サブはそんなイ・ヨンジョを慰め、「本当に道に迷っていたら、君がその患者(エイズ患者) を連れてここに来ることもなかっただろう」と話した。そしてイ・ヨンジョに肩を貸した。イ・ヨンジョはキム・サブの肩に身を寄せ、「私たちはなぜあの時代を逃したんだろう」とつぶやいた。

その後、ドルダム病院を去ったイ・ヨンジョ。その姿が物足りなさを残した。イ・ヨンジョとキム・サブの話に人々の関心が高まった。

視聴者が切実に願っているシーズン2。番外編が終わり、シーズン2への熱望はさらに膨らんだ。まだ終わっていないようなドルダム病院の話が、シーズン2の可能性を高めた。

シーズン2ではドルダム病院の話が続いて描かれる可能性がある。物足りなさを残したキム・サブとイ・ヨンジョのストーリーが展開される可能性もある。また、イ・ヨンジョが少し言及した国境なき医師団の話も十分シーズン2の題材として描くことができる。キム・サブと出会ってより一層成長したユン・ソジョン(ソ・ヒョンジン)、カン・ドンジュ(ユ・ヨンソク) のその後の姿も関心の対象だ。

どんな話であれ、キム・サブさえいれば、“浪漫ドクター”さえいればシーズン2は可能だ。「浪漫ドクターキム・サブ」が混乱の時代に希望と感動を与えたドラマであるだけに、シーズン2を求める声が高まっている。