男性が本命にしか教えない「プライベートな情報」5つ

写真拡大

好きな相手ができたとき、「彼にとって私は本命なのかしら?」と悩んだ経験はありませんか? できれば早めに、そしてさりげなく「真実」を知りたいところです。自分が本命なのかどうか迷ったときには、ここをチェック! 世のアラサー男性たちが本命女性だけに明かすプライベートな情報について調査してみました。

(1)家族

・「自分の家族の話は本命に教える」(28歳/その他/その他)

・「自分の家族構成とかのこととかかな」(32歳/その他/その他)

ちょっとした日常会話のついでに出てきてもおかしくない「家族の話」ですが、自分自身のルーツにかかわる話です。誰にでも教えるのではなく、本命だけに……と思う男性も多いようです。自ら家族のことを話してくれるようになったら、関係が深まってきた証拠だと言えそうです。

(2)仕事

・「会社でのことや仕事での詳しい話」(34歳/マスコミ・広告/経営・コンサルタント系)

・「仕事内容。どんなことをしてどんな毎日を過ごしているのか」(27歳/小売店/事務系専門職)

毎日具体的に、どんな仕事をしているのか。恋人のことを語れない女性は要注意かも!? これまで聞いたことがない! という方は、思い切って一歩踏み込んでみてはいかがでしょうか。

(3)弱み

・「自分の弱みや欠点。苦手に思ってることなど」(30歳/情報・IT/技術職)

女性よりもプライドが高いと言われる男性の皆さん。自身の弱みを見せることは、簡単ではないのでしょう。思わぬ「苦手」を打ち明けてくれたら、女性としてはなんだかキュンとしてしまいそう! 愛情も深まりそうですね。

(4)恥ずかしい過去

・「自分自身の思い出や失敗したりした過去について」(33歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「自分の黒歴史なときのこと。言いたくないことを言えるのは本命だけ」(31歳/医療・福祉/専門職)

誰にでも、一つや二つ恥ずかしい過去があるはずです。当然誰にでも言えることではありませんが、「本命相手になら……」と感じる男性も多いようです。どれだけ真っ黒な歴史でも、受け入れてあげるのが誠意かもしれません。

(5)貯金額

・「貯金している額がどれくらいあるか」(25歳/学校・教育関連/専門職)

・「現実的な資産状況。ないお金を狙われたら困るから」(30歳/その他/その他)

かなり生々しい現在の金銭事情も、本命相手でなければ打ち明けるのは難しいでしょうね。もしも打ち明けてくれたら、「この人となら」と思ってくれた証拠! 将来への一歩も踏み出せるのではないでしょうか。

■まとめ

男性が本命の女性だけに打ち明ける5つの話。あなたは自分の恋人から、聞いたことはありましたか? 「あれ!? 一つも聞いたことがない……」と思ったら、少し気を付けて、彼の行動をチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月28日〜2017年1月4日
調査人数:197人(22歳〜34歳の男性)