あなたはどちら派?

写真拡大

あなたが結婚式に招待されるなら、少人数のアットホームなパーティがいいですか?それとも有名ホテルの宴会場を貸し切りにした豪勢なパーティ?

おめでたいことだけに、ホストに直接言えない女子の本音が、アンケートで明らかになりました。結婚式・披露宴を予定している人は必見です。

料理とドリンクで、ついつい予算を計算してしまう

「参列者として出席する場合、好きな結婚式・披露宴は?」との問いに、38.6%が「限られた人達だけの少人数の結婚式」と答えました。ついで「大人数が招待されている豪華な結婚式」と答えた人が20%、「国内のリゾート婚」「海外のリゾート婚」がともに16.6%でした。

「結婚式に参列するのは好きではない」という正直すぎる回答をした人が、8.1%もいました。

参列するには、ご祝儀をはじめ、衣装やヘアメイクなど出費もバカになりませんものね。本当に仲の良い友人の結婚式なら呼ばれてうれしいけど、人数合わせならやめてほしい!というのが本音です。

「ホスト側に一番こだわって欲しい要素は?」という質問には、「料理や飲み物」と回答した人が47.6%とダントツでした。

「料理や飲み物がゲストに一番わかるもてなしだと思う」(20代後半)
「料理とドリンクで、ついつい予算を計算してしまう」(30代後半)

おつまみ程度の立食パーティでがっかりした経験、記者もあります。食事のために参列したわけではないけど、ご祝儀とのバランスを考えちゃう気持ち、わかります。

料理以外にもゲストの意見はさまざま。まさに十人十色です。

「どんなにおいしいものを出されても、楽しい余興があっても、周りにいる人が一緒に楽しめる人でなければ参加してもツラいだけ」(20代前半)
「同じ御祝儀3万円を払うなら豪華な施設での結婚式希望!」(30代前半)
「普段の外出と違い、着替えや荷物も多いので、駅に近い会場や、わかりやすい場所にある会場だと嬉しい」(40代前半)
「要らない、使えない、つまらない引き出物をもらっても使い道がない」(30代前半)

などなど......。

すべて考慮したらキリがないけれど、これから結婚式を考えているなら頭の片隅に入れておいたほうがいいかもしれません。

イマドキ参列者から見た「理想の結婚パーティ」4条件

アンケート結果を総合すると、参列したい理想の結婚式は、次の4つの条件を満たしています。

1. 気心の知れたメンバーのみ招待する少人数パーティ
2. 食事とドリンクは、質・量ともに満足感を考慮して
3. 会場はなるべく近くてわかりやすい場所
4. 引き出物は、軽くて大きすぎない、使い勝手の良いものをチョイス

美味しい料理が自慢のレストランで、引き出物はそのお店のスイーツ、というのがベストなのかも知れませんね。

とまとめかけたところで、記者の目に飛び込んできたのが、

「結婚式は、本人達とご家族がよければ良いと思うので、『ちょっとなぁ...』と思うことも含めて、個性として楽しむようにしています」(40代前半)

という懐の深いコメント。こんな参列者でありたい。心が洗われました。

映画生活提案サイト「トーキョー女子映画部」が、映画『ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行』が2017年1月6日にDVD発売とレンタル開始になるのを受けて、発表した調査結果です。328人の女性が対象となりました。