写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マクニカは1月18日、同社のオリジナルIoTソリューション「Mpression IoT ソリューション」に、IoTデータ分析およびIoTインフラ・インテグレーションサービスを新たに追加し、提供を開始すると発表した。

マクニカは1月18日、同社のオリジナルIoTソリューション「Mpression IoT ソリューション」に、IoTデータ分析およびIoTインフラ・インテグレーションサービスを新たに追加し、提供を開始すると発表した。

今回発表するIoT データ分析およびIoTインフラ・インテグレーションサービスは、基幹システムや営業系システム、工場にある機器のデータなどを統合・蓄積し、経営資源として活用するためのサービス。

「Mpressionデータ分析支援サービス」では、次のように分析を進め、顧客の目的に沿うデータ分析が継続的に実現できるように支援するという。

1. ヒアリングによる要件確認、データ活用目的の明確化

2. 評価データと項目の選定

3. 評価サンプルの取得

4. サンプルデータの評価と視覚化

5. データ活用に向けたデータ項目と視覚化方式の確定

一方「Mpressionデータ分析プラットフォーム構築サービス」は、同社が考えるフレームワークを元に、顧客のシステム状況に応じて、適切なツールを提案し、顧客のデータ分析用プラットフォームの構築を支援する。