「内省的なボス」パク・ヘス、転落しそうになったヨン・ウジンを救う

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
パク・ヘスが、屋上で足を踏み外し転落しそうになったヨン・ウジンを救った。

17日に韓国で放送されたtvN月火ドラマ「内省的なボス」第2話では、パワハラ論争のため困難に直面していたウン・ファンギ(ヨン・ウジン) が自身の状況に悔しい思いをする姿が描かれた。

屋上に上がって「ごめんなさい。申し訳ございません」を繰り返していた彼に近づいたのは、ロウン(パク・ヘス) だった。彼より先に屋上に上がっていたロウンを見て驚き、転落しそうになったファンギの手を繋いだのもロウンだった。

この過程で、死んだ姉の代わりにロウンに送っていた花屋の名刺が床に落ちて見えたが、ロウンはこれに気づかなかった。その後、ファンギはパワハラ論争について直接謝罪するために、スーツを来て記者会見場を訪れた。