写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Evernoteは1月17日(現地時間)、iOS用アプリ「Evernote」のバージョン8.0をリリースした。ノートへのアクセスや情報検索、ノート作成をすばやくこなせるようにデザインを刷新。他にも、ノートのテキスト装飾機能の改善、ビジネス/個人のアカウントをスムースに切り替える機能の追加などが行われている。

Evernote 8では、ホーム画面が廃止された。アプリを起動すると、最後に使っていた状態でアプリが起動するため、すぐに前回からの続きに取りかかれる。

新デザインには、ハンバーガーメニューに代わって採用が増加しているタブバーが用いられている。画面の下(iPhone)または左横(iPad)にタブバーが常時表示され、いつでも「ノート」「検索」「新規ノート作成」「ショートカット」「アカウント/設定」といった主要セクションのタブを切り替えられる。

タブバーの「新規ノート作成」は、大きな緑色の「+」ボタンになっており、これをワンタップするだけで新規ノートが開く。音声メモ、写真、リマインダーは、ボタンを長押しするとセレクターが現れる。シンプルかつ多機能な「+」ボタンで、よりすばやく情報を記録できるようになった。

ノートを絞り込む機能は2つ。1つは、ノートリストの上部に集められた絞り込み機能。「すべてのノート」などノートブック名をタップするとノートブックの一覧が、タグ・ボタンをタップするとタグ一覧が現れる。これらの他、開いているノートブック内を検索する検索ボックス、リマインダー付きノートに絞り込むボタンなどが用意されている。もう1つは、検索タブでの検索。ノート、ノートブック、タグを対象にアカウント全体から俯瞰的に検索を実行できる。

Evernote Businessを契約している場合は、アカウント・タブで選択する以外に、タブバーのアカウント・ボタンを長押しするだけでアカウントを切り替えられる。個人とビジネスのノート、ノートブック、ショートカット、検索履歴を明確に切り分けながら、同じアプリでスムースに2つのアカウントを利用できる。

(Yoichi Yamashita)