台湾、パスポートの通用度=世界28位  日本は4位

写真拡大 (全2枚)

(クアラルンプール 18日 中央社)カナダの金融コンサルティング会社アートンキャピタルが発表した2017年版のパスポート通用度に関する世界ランキングで、中華民国(台湾)は、少なくとも119カ国・地域にビザなしで渡航できるとして28位となったことがわかった。

1位は157カ国・地域へのビザなし渡航が可能なドイツ。2位はシンガポールとスウェーデン。3位は米国、英国、デンマーク、フィンランド、フランス、スペイン、スイス、ノルウェー。日本は4位で、イタリア、オランダ、ベルギー、オーストリア、ルクセンブルク、ポルトガルと並んだ。

アジアでは韓国が6位、香港が18位、マカオが31位、中国大陸が66位だった。

外交部によると、台湾のパスポートでビザなし渡航や到着ビザの取得が可能なのは昨年3月25日の時点で164カ国あるという。

(郭朝河/編集:齊藤啓介)