写真提供:マイナビニュース

写真拡大

電通テックは1月17日、消費者キャンペーンの応募者情報をはじめとする各種データを取得・分析し、企画・実行・検証・改善(PDCA)を行ない、顧客の新規獲得から育成・ファン化を促進するキャンペーン・デジタライゼーション・サービス「Cam-D(キャンディ)」を提供開始した。

新サービスは、応募や問い合わせ対応、インセンティブ、アフターフォローなどキャンペーンの各プロセスをデジタル化し、多様なデータを取得可能としている。各プロセスでラインナップした個別メニューの中から最適なものを選択し、組み合わせて全体設計することで、キャンペーンのデジタル化が迅速に行えるサービスだ。

同社は、電通グループが提供するサービス・ラインにおいてプロモーション領域を担い、年間500件以上のキャンペーンを実施している。うち、80%以上はハガキ応募によるアナログ手法で運営しており、情報のデータ化・有効利用がほとんどされていなかったという。

そこで、広告主に向けたサービス向上のため、キャンペーンにおける多様なデータの獲得に向けて、デジタル応募のスキームや応募ハガキのデジタルデータ化エンジン、非音声対応の事務局など、キャンペーン・プロセスのデジタル化を進めてきたとのこと。

購買を応募条件とするマストバイ・キャンペーンによって集めた応募者データを分析することで、顧客プロファイルを解明でき、購入に直結するキャンペーンの実効性を高められるという。さらに、一過性の販促ではなく、キャンペーンへの継続参加を促し顧客データを蓄積することで、中長期的なLTV(顧客生涯価値)の向上および、キャンペーン単位でのPDCAによる投資効果の最大化を実現するとしている。

加えて、同社が取得したキャンペーン・データを、他の多様なデータと掛け合わせた分析が可能になるという。オーディエンス・データだけではEC以外での購買への直接的な影響が見えにくいという課題に対し、個人を特定して対象商品の購入量まで測定できるキャンペーン応募者データとの複層的な分析により、ターゲットの可視化が期待できる。また、広告主保有データや独自調査データの利用により、広告接触から購買まで一貫したマーケティング・サイクル・モデルの構築を目指す。

同サービスは、キャンペーン・プロセスに準じたソリューションをラインナップしており、サービス・カテゴリーおよびカテゴリー内の個別ソリューションの追加・アップデートを順次行い、サービス価値の維持向上に務めていくとしている。今後も同社および同社グループでは、同サービスをはじめキャンペーン・データをマーケティングに利用するための新しいサービスを順次、提供していく。

(山本善之介)