アメリカ軍が実用化間近まできているレーザー砲は、近い将来に必須の軍事技術となる可能性があります。他方でレーザーを攻撃用途ではなく利用する方法も生み出されており、レーザーを使って成層圏をイオン化してレンズ膜を作ることで、敵地を偵察したり敵の攻撃を迎撃したりする技術「Atmospheric Lens」が提案されています。

Atmospheric Lensがどのような軍事技術なのかは以下のムービーを見れば一発で理解できます。

Future concepts from BAE Systems: Atmospheric Lens - YouTube

地上を監視するコクピットの様子。



地球を周回する偵察機のようです。



偵察しようとしているのは敵の拠点。



ズームするにも限度があります。



敵地を詳しく観察するために機体底面からレンズが現れました。



レンズはレーザーを発射。



なんと、成層圏の気体をプラズマ化してイオンの層を作りました。



空間に作り出したイオンの膜をレンズにして、敵地の映像を拡大しています。



これで、宇宙から敵地の様子を丸裸にできるというわけです。



敵地をまじまじと観察していると……



敵の対空レーザー兵器を発見。



当然、対空レーザーも偵察機の存在を確認。



レーザービームで攻撃を試みます。



敵のレーザーにロックオンされ、偵察機に危険がおよんでいる模様。



敵の対空レーザーによる攻撃を確認すると……



なんと、レーザーで応戦。



再び成層圏にイオン化したレンズ層を作ってレーザーを反射しています。



自ら発したレーザービームで反撃されたレーザー砲は熱でやられてしまいました。



こうして、敵の攻撃を逆手にとって反撃しつつ、敵の様子を偵察できました。



このムービーは軍事企業BAEシステムズが作成した、軍事技術「Atmospheric Lens」のコンセプトムービー。大気圏に存在する気体をイオン化して層を作る技術的な目途は立っており、50年以内の実用化を目指しているそうです。