写真提供:マイナビニュース

写真拡大

クラウドワークスは1月17日、同社が運営するクラウド・ソーシング・サービスである「クラウドワークス」において、クラウド・ワーカーへの報酬支払いまでの期間を短縮する「クイック出金サービス」を開始した。

同社では従来、同サービス上で確定した報酬金額を、クラウド・ワーカー自身が設定している出金方法から「15日締め・月末振込」「月末締め・翌月15日振込」のいずれかを選択していた。

新サービスの導入により、報酬支払いまでの期間を従来の15日から3営業日以内で出金可能にするという。出金可能な報酬は、同サービス内の報酬確認ページに記載がある報酬金であり、出金方法は同サービス内の報酬確認ページに表示するクイック出金申請ボタンから申請ができる。申請手続後、3営業日以内に報酬を指定の銀行口座へ振り込むとしている。

同社は、他社サービスでは月末締めで入金されるサイクルが多い中で、支払までの期間の短縮により、クラウド・ワーカーの経済的な不安定さの軽減を目指すとともに、働く環境のさらなる向上を目指すという。

(山本善之介)