写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Amazon.co.jp(以下、Amazon)は1月18日、グローバルプログラム「AmazonLaunchpad」の提供を日本で開始すると発表した。このプログラムでは、特設ストア「Amazon Launchpadストア」( www.amazon.co.jp/launchpad )で、スタートアップによる製品を国内外のAmazonの顧客に紹介するとともに、スタートアップにマーケティングおよびセールスサポート、配送サービスを提供する。

日本では、日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA)や、クラウドファンディングのMakuake、シードアクセラレーターのABBALabと一緒に活動し、カスタマイズされた商品詳細ページ、露出機会を拡大するマーケティング施策、世界各国のAmazonの顧客への訴求機会および各国での配送ネットワークをスタートアップに提供する。

オープンした「Amazon Launchpad ストア」では、ウェアラブルデバイス、スマートホーム、知育・学習玩具など、250を超える製品を取り扱っており、既に15社以上の日本のスタートアップが参加しているという。