17日、日本に訪れたことがある観光客は口をそろえて「清潔」と評価するが、ではなぜ日本は清潔なのか?その理由に中国紙・山西農民報は「雑巾」を挙げている。資料写真。

写真拡大

2017年1月17日、日本に訪れたことがある観光客は口をそろえて「清潔」と評価するが、ではなぜ日本は清潔なのか?その理由に中国紙・山西農民報は「雑巾」を挙げている。

キレイ好きでごみをポイ捨てしないのは日本人の習慣であり、これは小さいころから培われてきたもの。その秘密は「雑巾」にあると言っても過言ではなく、日本では幼稚園から雑巾を使い始める。日本の小学校では掃除を通して道徳を教育する狙いもあり、雑巾は必要不可欠な存在。さらに、日本の神社の神職見習いや、寺院の若い僧侶にとって掃除は日課であり、雑巾がけは衛生環境を整えるほかに心身を鍛える手段ともなっている。

日本の雑巾がけは今やレースにまで発展しており、2016年に愛知県豊橋市は「世界雑巾2016」と題したイベントを開催している。学校の廊下をコースにした雑巾がけレースの世界大会で、外国人の参加もあったという。さらに、愛媛県の宇和米博物館では毎年109メートルの廊下をコースとした雑巾がけレースが有名で、一種の観光スポットとなっている。

高性能な掃除機やおしゃれなモップといった掃除器具があふれている現在においても、日本では「雑巾」は何ものにも代えられない存在である。日本人の中には「雑巾を手に持ち床を拭くことで心が落ち着き、生命の強さを感じることができる」との考えを持つ人も存在する。(翻訳・編集/内山)