17日、アニメ映画「君の名は。」の新海誠監督の人気作「秒速5センチメートル」が、中国で実写映画化に向けて動きを見せている。写真は「君の名は。」。

写真拡大

2017年1月17日、アニメ映画「君の名は。」の新海誠監督の人気作「秒速5センチメートル」が、中国で実写映画化に向けて動きを見せている。時光網が伝えた。

【その他の写真】

中国の映画会社大手・華視娯楽公司がこのほど発表した2017年度の新規プロジェクトの中に組み込まれていることが明らかになった。また、中国メディアを管轄する国家新聞出版広播総局(広電総局)が発表した制作申請リストの中にも、「秒速5厘米」(秒速5センチメートル)のタイトルを確認することができ、リストに書かれた映画の概要についても、「秒速5センチメートル」の内容とマッチしている。

「秒速5センチメートル」は2007年に劇場公開されたアニメ映画。1990年代から現在までを背景に、1人の少年の成長と心のストーリーを、3部構成で描いている。

時光網によると、すでに「秒速5厘米」の中国版ツイッター公式アカウントが開設されているが、まだ情報は投稿されていない。また、華視娯楽公司の関係者によると、今回のプロジェクトはまだ正式に起動していないため、現段階では詳細を明らかにできないという。

「秒速5センチメートル」の実写映画化については昨年6月、華視娯楽公司が制作に向けて動いていることを複数の中国メディアが報じていた。(翻訳・編集/Mathilda)