@SEGA

『コード・オブ・ジョーカー Pocket』は、スマホで超本格的なカードゲームを楽しめるアプリです。

この記事では「黄色単色デッキ(毘沙門デッキ)」のレシピと回し方、おすすめのジョーカーを紹介します。

「戦神・毘沙門」を始めとした相手フィールドに干渉できるカードを使って、ゆっくりと相手を詰ませていくコントロールデッキです。

相手のデッキやプレイングによって回し方が変わるので、最初は勝ちにくいと感じるかもしれませんが、使いこなせれば環境で最強クラスのデッキタイプです。

黄色(毘沙門)デッキのレシピ

今回紹介するデッキのレシピは以下です。

ユニット 32枚

カパエル ×3湖畔のアリエ ×3ヤシオノトクリ ×3プリティベル ×3カイム ×3護符剣士ライマル ×3ヴァイス・ヘルメス ×3天龍のレイア ×2ジャンプー ×3守神・不動明王 ×3戦神・毘沙門 ×3

トリガー 4枚

人の業 ×2無限の魔法石 ×2

インターセプト 4枚

ライトシールド ×2弱肉強食 ×2


黄色(毘沙門)デッキのキーカード

戦神・毘沙門

戦神・毘沙門はフィールドに出た時に自分以外の全ユニットを破壊する効果を持っています。

どんな状況からでも逆転勝利の可能性を作り出せるカードです。

戦神・毘沙門や「守神・不動明王」のおかげで黄色デッキは詰みにくく、余裕を持ったプレイが可能です。


ヴァイス・ヘルメス

黄色デッキには序盤に攻め込むカードが少なく、後半へ向けての準備をするのが基本です。

しかし攻め手を全く搭載しないと、開始数ターンで押し切られてしまうこともあります。そういった敗北を減らしてくれるのが「ヴァイス・ヘルメス」です。行動済となった相手ユニットを破壊して連続攻撃を防ぎます。

序盤のアタッカーとしても優秀です。


天龍のレイア

一般的に黄色は速いタイプのカラーではありません。ですからきちんと計算しないと、せっかく相手を追い込んでも「あと1点足りない・・・!」といった場面が多くなります。

そこで【スピードムーブ】持ちの「天龍のレイア」を入れれば、最後に押し切る性能が上がりますよ。


黄色(毘沙門)デッキの回し方

黄色デッキはグッドスタッフ的な色が強いので、回し方に決まりはありません。

場面ごとに手札と相談しながら最善のプレイを心がけます。常に考えるのは手札消費をどれだけ少なくできるかです。

好きなカードをデッキからサーチできる「無限の魔法石」の使い方にセンスが問われます。相手の立場に立って1番嫌なカードを選びましょう。


戦況が硬直してしまったら、一度戦神・毘沙門で流しましょう。


いくら厳しい状況でもリセットできるので、相手が速攻デッキでない場合は手札に持っておきたいですね。

出せるタイミングではなく、出さなければならないタイミングで使うことが重要です。


黄色(毘沙門)デッキのおすすめジョーカー

冥札再臨

CP1を使って捨て札からカードを3枚回収します。前半は手札を保って戦いやすいデッキなので、後半専用で多くのカードを引ける「冥札再臨」を選びました。