12星座【もしも社長になったら?】射手座は外国で悠々自適、魚座は無人島を買う!

写真拡大

 大人になったらなりたい職業のトップ10に、「会社社長」が入っていないのは、先行き不透明な時代だからでしょうか。でももしも、なれるものならなってみたいと思う人は多いはず。ということで今回は、12星座が社長になったら、何をするのか、みてみましょう。

■牡羊座……銀座で豪遊する
 12星座中、一番わかりやすい思考回路の牡羊座。牡羊座が想像する「大会社の社長」のイメージは、バブル時代そのままの「銀座で豪遊」でしょう。美人ホステスに美形ホスト、シャンパンタワーにドンペリ。そんな絵に描いたような社長っぷりを、一度はしてみたいと思うでしょう。でも牡羊座が本当に社長になったら、遊ぶどころか、寝る時間も惜しんで働く仕事中毒社長になりそうです。

■牡牛座……土地を買う
 今もっとも世界で有名な会社社長といえば、アメリカ大統領トランプ氏でしょう。トランプ氏は不動産取引で巨万の富を築きました。12星座イチ、堅実でかつ、実は欲深い牡牛座。社長になったらなによりもまず、土地を買うでしょう。しっかりと下調べして、将来値上がりしそうな堅実な土地を着実に購入していきます。本業もしっかり経営して、年月を経て、億万長者となるでしょう。

■双子座……有名人と結婚する
 結構ミーハーな双子座。大会社の社長になったら、有名人と知り合いになれそう、とワクワクします。週刊誌やネット情報を見て、大きな会社社長になったら芸能界とのお付き合いもあるらしいと、夢が膨らみます。いずれは自分の会社がスポンサーになって番組を立ち上げたり、協賛映画の主役人事にも関わったりして、さらには主役俳優と結婚することになるかもしれません。

■蟹座……セレブ人脈を作る
 蟹座にとって、大企業の社長とはつまりセレブそのもの。いわゆるセレブリティの一員に、自分と家族がなるということなのです。映画やテレビドラマで見た別世界のような生活。週末ごとのパーティーで、ほかのセレブリティでファビュラスな方々ともお知り合いになれるのです。ギラギラした欲望と羨望がうずまく世界で、ドラマチックな出会いを夢想してしまいます。

■獅子座……テレビに出て自分が広告塔になって儲ける
 意外にもまじめに一生懸命に社長業に取り組む獅子座。本業を少しでも、多くの人に知ってもらうために自分が一肌脱ぎます。出られる場所なら、テレビでもラジオでも講演会でも、どこにでも出かけて宣伝してきます。本来エンターティナー気質なので、喜んでもらえるなら着ぐるみでも、奇抜な衣装でもなんでもありなのです。結果的に、みんなに愛される名物社長になるでしょう。

■乙女座……慈善事業をする
 乙女座は本来、トップの補佐をするナンバー2、あるいは秘書的役割を得意としています。そんな乙女座がもしも社長になったなら、社長として、社会に何かを還元しなくてはと思うでしょう。事実、世界の大企業の社長はそれぞれにさまざまな慈善事業をしています。単なる寄付ではなく、学校を作ったり、施設を運営したり、いずれは本業よりも慈善事業に打ちこむようになりそう。

■天秤座……映画のスポンサーになる
 大企業の社長にでもならなければなかなかできないことがあります。そのひとつが、映画のスポンサーになること。天秤座はこれまで、映画やアニメを見ていて、自分がスポンサーになれたらこうするのに、と思ったことが一度ならずあるのではないでしょうか。社長になったら、文化支援という大義名分を得て、思う存分、自分の好きな映画や芸術にお金を支援するのです。

■蠍座……あえて貧乏人のフリをする
 昔話に、王様が貧乏人と衣装を交換する話があります。蠍座が大企業の社長になったら、そんな昔話を地でしてみたいと思うでしょう。社長なのに、トイレの清掃員や、社員食堂の調理人になりすまして、そしらぬ顔で、ウワサ話に耳を傾けます。もちろん、合コンに行くときも、わざと貧乏な格好をしていきます。見た目で寄ってくる異性などいらないのです。

■射手座……会社は部下に任せて外国で悠々自適ライフ
 大会社社長という立場に、一番遠いのが、射手座ではないでしょうか。射手座はあふれるアイデアと企画力、実行力の持ち主ですが、なにものにも縛られたくない自由人なのです。会社社長になってしまったら、制約がありすぎます。もし社長になったら、早々に部下に任せて、自分は外国で悠々自適な毎日を送るでしょう。そして重要な決定の際には、ぴりっと鋭い決断を下すのです。

■山羊座……金で人を動かす
 お金のありがたみも、怖さも誰よりも知っているのが山羊座です。大会社の社長になれば、多額のお金を自分の思うとおりに動かすことができます。それはつまり、人を自分の思うとおりに動かせるということになるのです。人事や給料など、山羊座の考え1つで、人生ががらりと変わっていくのです。その重みを知っているからこそ、誰よりも慎重な経営者となるでしょう。

■水瓶座……マニアックな事業をはじめる
 大きな会社となれば、多角経営は当たり前です。水瓶座が大会社の社長になったら、人が思いつかないようなマニアックな事業を始めることになりそうです。マイノリティのための事業、ニッチだけれど必要不可欠な仕事、収益にこだわらずに、自分の理想と夢を実現させるために、水瓶座はもちろん、本業にも全力で打ち込みます。そして、時代の最先端として注目される企業となるでしょう。

■魚座……無人島を買う
 大企業の社長になったら、魚座は、無人島を買いたいと思うかもしれません。魚座の考えは、ほかの人とはちょっとスケールが違います。儲けた富を人類の未来に還元するべきと思うのです。慈善事業もいいのですが、それよりも誰にも知られず、無人島を買って人類の手が入らない無垢の自然を残しておきたいと思うでしょう。時々は自分の島にこっそり出かけて、リフレッシュしてきます。

 人生いつなにがあるかわかりません。これから先もしかして、突然、大企業の社長になってほしいと頼まれることがあるかもしれません。そのとき、あなたは何をするのでしょうか?
(高橋桐矢)