蒸したてを召し上がれ

写真拡大

新宿高島屋(東京都渋谷区)では2017年1月26日〜2月14日、バレンタインフェア「アムール・デュ・ショコラ」が開かれます。

日本初登場のブランドや、バレンタイン期間限定で登場するチョコレート約100種が一堂に集結。その中でも新宿高島屋の会場でしか手に入らない、注目のチョコレートを紹介します。

小籠包お持ち帰りはココだけ!

まずは台湾発の点心料理店・鼎泰豐(ディンタイフォン)から、「チョコレート小籠包」(2個、281円)。1993年「ニューヨークタイムズ」紙で、「世界の10大レストラン」に選ばれ、世界中の美食家を魅了している有名店のバレンタイン限定品は、カカオ含有率58%のフランス産のチョコレートにバター、牛乳を加えた濃厚なチョコレートソースが入った小籠包。会場で熱々に蒸しあげ、出来立てが食べられます。

持ち帰り用(冷凍6個入843円・1日限定100パック)は新宿高島屋の会場のみなので、お見逃しなく。

お次はモンシェールの「堂島プリンスロール・オン・ソフトクリーム」(1本481円)。大人気の堂島ロールのクリーム風味とチョコレート風味のソフトクリームをミックスにし、ベルギー産カカオを使用した"冬季限定"の堂島スプリングロールをトッピングしたソフトクリームです。

ココだけのチョコが目白押し

そのほかにも、新宿高島屋限定フレーバーが入ったノリエット「ボンボン ショコラ」(5粒セット、1512円)やシェ・シバタ「エージアン ジャパン」(6粒入、2268円)、8種のリキュールをビターチョコで包んだレオニダス「リカーギフト アソート」(8個入、2268円)など、新宿高島屋でしか手に入らないチョコレートが目白押し。

約20ブランド・60種のチョコレートを、1粒単位でテイスティングできる「1粒ショコラショップ」(152円〜500円)もあります。

開場は新宿高島屋(東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24-2)の11階特設会場。最終日のみ18時まで。

詳しくは公式サイトで。