1

バレンタインデーの時期が近づき、いたるところでチョコレートを見かけるようになりましたが、小枝にウイスキーを加えて大人向けのチョコレートに仕上げた「小枝PREMIUM<芳醇ウイスキー>」が2017年1月17日(火)から登場しています。 アルコール分3.1%のウイスキーに加え、ガナッシュ仕立てのチョコレートをほんのりビターなチョコレートで包んだ贅沢な味わいになった大人のほろ酔いチョコレートということで、一箱食べると酔っ払ってしまうのかどうか確かめてみました。

〜ウイスキーでうっとり 優雅な小枝タイムを〜 「小枝PREMIUM<芳醇ウイスキー>」 1月17日(火)新発売!|2017年|ニュースリリース|森永製菓

http://www.morinaga.co.jp/company/newsrelease/detail.php?no=1405

〜ウイスキーでうっとり 優雅な小枝タイムを〜 「小枝PREMIUM<芳醇ウイスキー>」 1月17日(火)新発売!

(PDFファイル)http://www.morinaga.co.jp/public/newsrelease/web/fix/file586ee73597168.pdf

小枝PREMIUM<芳醇ウイスキー>は高級感のあるパッケージに包まれており、ウイスキーのオン・ザ・ロックがプリントされています。



原材料にはオレンジピールや洋酒が入っており、エネルギーは一箱あたり266kcal。



箱の中のチョコレートはさらに青い袋に包まれています。



中身はこんな感じで、ノーマルの小枝より太いのがわかります。



手にとって香りをかいでみると、しっかりとウイスキーの香りが感じられます。パッケージにも「洋酒が入っていますので、運転時などは召し上がらないようにしてください」と書かれており、購入したコンビニでも「アルコール分を含むため子どもや妊婦の方は食べるのを控えて下さい」と注意書きがされていたほど。



食べてみると、チョコレートはガナッシュ仕立てというだけあって生チョコっぽいとろりとした食感。オリジナルの小枝にはアーモンドやパフが使われていますが、小枝PREMIUM<芳醇ウイスキー>にはナッツの代わりにオレンジピールが使われており、オレンジ皮の苦みが甘すぎないちょっとビターなチョコレートによく合っています。かすかに口の中にアルコールっぽいピリピリした刺激も感じられ、ほのかに鼻からお酒を飲んだ後のようにアルコールが抜けていく感覚もあります。アルコール分3.1%といえば「ほろよい」のようなチューハイと同じくらいですが、一箱全部食べても酔っ払うことはなさそうだったものの、体がポカポカしてくるような感じがありました。単体でも優雅なデザートとして楽しめ、お酒のお供にも良さそうです。



なお、小枝PREMIUM<芳醇ウイスキー>は税込281円で、2月末までの期間限定販売です。