画像

写真拡大 (全2枚)

 JCBと、電通国際情報サービス(ISID)のオープンイノベーションラボは、AI(人工知能)を活用したチャットbotで海外観光ガイドを行うサービスを開発。米国のシリコンバレーにて実証実験も行う。

 JCBと、電通国際情報サービス(ISID)のオープンイノベーションラボは、AI(人工知能)を活用したチャットbotで海外観光ガイドを行うサービスを開発した。

 2017年1月23日(月)から1月27日(金)まで、日本からアメリカのシリコンバレーを訪問する旅行者を対象に実証実験も実施する。

 今回開発したサービスでは、観光地や商業施設などをガイドする各種情報を、チャットbotを通して旅行者に提供する。旅行者は、LINEおよびFacebook Messengerのチャットから質問を投げかけるか、メニューから調べたい情報を検索することで、回答を速やかに得ることができる。

 また、旅行者の入力内容をもとに、観光地や商業施設側からプッシュ型で旅行者に情報発信する機能も実装しており、旅行者の回遊や消費行動を促す狙いだ。

MarkeZine編集部[著]