17日、韓国西部の忠清南道舒川郡にある総合施設「春の村」広場で従軍慰安婦を象徴する少女像の除幕式が行われた。56番目となる。写真はソウルの日本大使館前にある少女像。

写真拡大

2017年1月17日、韓国西部の忠清南道舒川郡にある総合施設「春の村」広場で従軍慰安婦を象徴する少女像の除幕式が行われた。環球網が伝えた。

韓国・聯合ニュースによると、この像は地元住民3000人余りから寄せられた寄付金2000万ウォン(約193万円)によって昨年11月に作られた。米国やカナダなど海外に設置されたものも含めて56番目となる像の除幕式には、地元の市民団体関係者や学生など100人余りが出席。像の後方にある石碑には「日本帝国主義の時期にだまされ、慰安婦にさせられた20万人余りの少女、女性の痛みと苦しみをこの像によって慰めます。われわれは歴史を銘記し、歴史の悲劇を繰り返しません」と刻まれている。

郡政府は当初、「市民団体が公共財産である場所に施設をすることはできない」として設置を認めなかったが、市民団体のこのところの強烈な要求が同日の除幕式につながったという。(翻訳・編集/野谷)