FC琉球、2017新ユニフォームを発表!モチーフはなんと「ジーンズ」

写真拡大

沖縄のJクラブとしてにわかに注目を集めるFC琉球。J3での3年目を迎えた2016シーズンは、手ごたえを掴んだ一年となった。

最終的には前季より一つ上の8位に終わったものの、開幕から4勝1分で一時は首位に。年間成績でも12勝8分10敗と初めて勝ち越し、J3優勝の大分トリニータに対しても1勝1分と互角以上の戦いを見せた。

金鍾成体制2年目の今季、自慢の攻撃サッカーに磨きをかけて上位進出を狙う。

その琉球は今月、イミオとサプライヤー契約を締結したことを発表。sfida(スフィーダ)ブランドによる新ユニフォームをお披露目している。

FC Ryukyu 2017 sfida Home

琉球の2017シーズン新ユニフォームは、今季からクラブのクリエイティブディレクターに就任した地元出身の吉田ロベルト氏による共同デザイン。

ホーム(1st)はクラブカラーであるベンガラを基調に、アメリカと融合した独自の文化を持ち、郷土愛が強く、誇りをもった地域である沖縄の持つ文脈を、ジーンズをモチーフとして表現した。

FC琉球 新ユニフォーム

ジーンズは歴史的に見れば労働者の勲章、反逆のシンボルなど複雑な側面を持つものであったが、今や持っていない人を見つけることは難しく、ファッションとしてあらゆる世代の人に愛されているもの。そういった点から、FC琉球を愛するすべての人がジーンズのように丈夫な結束力で熱狂し、最高のシーズンになって欲しいという願いが込められている。

FC Ryukyu 2017 sfida Away

FC琉球 新ユニフォーム

アウェイ(2nd)は青みがかった白を基調としたデザイン。ホームと違う模様はジーンズの柄のバリエーションを表現しているとのことだ。

FC琉球 新ユニフォーム

GKユニフォームは、緑のホーム、黄色のアウェイという組み合わせ。

ユニフォームスポンサーは、背中下部の「日本トランスオーシャン航空」、袖の「光和マイクロプロジェクト」、パンツの「琉球銀行」が継続。背中上部には「セノン」が2年ぶりに復帰している。

先日のトレーニングマッチでは、カルロス・テベスを獲得した上海申花に驚きの勝利を収めた琉球。1月22日に開幕するJリーグDAZNニューイヤーカップ沖縄ラウンドでも戦いぶりが注目される。