ガム出版(株)(TSR企業コード:294332820、法人番号:4010001138644、千代田区内神田3−22−7、設立平成12年7月、資本金1000万円、島田隆之社長)は1月10日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には田中省二弁護士(銀座通り法律事務所、中央区銀座6−9−7、電話03−5568−7601)が選任された。
 負債総額は債権者5581名(うち購読者約5400名)に対して3億5220万円。

 設立当初は企業のPR誌の製作を手がけていたが、平成15年頃からの韓流ブームを期に韓流雑誌「KBOOM」を発刊。ピークとなる23年12月期には売上高約5億4000万円をあげていた。しかし、日韓関係の悪化により、韓流関連の雑誌、写真集などの売上が激減。発行誌の休刊を余儀なくされるなどにより26年12月期の売上高は約1億7000万円に落ち込んでいた。経営立て直しのため、事務所移転など経費削減に努めたが、業績は改善せず今回の措置となった。