16日、韓国・jtbcによると、崔順実被告の側近らの通話録音ファイルから、崔被告が江原道・平昌の自身が所有する土地に、朴槿恵大統領の退任後の私邸を建てようとしていた事実が明らかになった。写真は平昌冬季五輪会場予定地。

写真拡大

2017年1月16日、韓国・jtbcによると、崔順実(チェ・スンシル)被告の側近らの通話録音ファイルから、崔被告が江原道・平昌(ピョンチャン)の自身が所有する土地に、朴槿恵(パク・クネ)大統領の退任後の私邸を建てようとしていた事実が明らかになった。

該当の土地は面積1万2800平方メートルで、ザ・ブルーKのリュ・サンヨン部長は職員のキム氏に対し、電話で「(秦の始皇帝が建てた大宮殿で、増設により国を疲弊させたとされる)阿房宮 になるだろう」、「十数軒建てて、前後の大きい建物はVIP阿房宮、元々計画図があったはずだが」と話したという。

同様の話はコ・ヨンテ氏からも確認されており、検察の調査に対し、「崔順実氏が大統領の退任後に備えて私邸を建てるという計画があることを知った」「崔氏から聞いた」と供述している。

これについて崔被告は、リュ氏の録音内容とコ氏の供述すべてを否認している。

検察はこの通話ファイルを特別検察チームに提供、特検も崔被告と朴大統領が経済的共同体であるという疑惑と関連して、平昌の私邸開発疑惑に注目している。

これを受け、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「剥いても剥いても終わりが見えない」
「掘っても掘っても終わらない。本当に4年間で食い潰したね。そのために大統領になったんでしょ?」

「新しい維新時代を経て王政時代へ。VIP阿房宮を建てようだなんて、(大統領)退任後まで徹底して計画したね」
「余生は阿房宮じゃなくて監房宮で過ごすんだな」

「そのまま島流しのために造って生涯監禁しろ」
「秦の始皇帝のまね?でも、始皇帝は中国統一したけどね…」

「大統領退任後の大邱(朴大統領の地盤)は空き家になるってことだったのか。さすが詐欺師」
「すごいな。更地を安く買い取って社会間接資本(SOC)事業で道路を作ってから私邸敷地として高く売ろうとしてたなんて。これが詐欺・賄賂じゃないなんて言える?」

「はあ。クネ(朴槿恵)道路も造ったらよかったのに。ついでにスンシル(崔順実)インターチェンジも造ったら?」
「どうしたらこんなにお決まりなストーリー、ありえないドラマになるの?」(翻訳・編集/松村)