写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トレンドExpressは、訪日予定の中国人によるSNS上のクチコミをもとに、中国のお正月で最大級の商戦でもある「春節」(2017年1月28日)の時期における訪日中国人の消費動向予測を発表した。

中国のSNS上で春節に訪日旅行を予定しているユーザーの、日本で行きたい場所のランキングでは、上位に「大阪府」「東京都」「京都府」など定番の都道府県がランクインする一方で、昨年の国慶節に比べ6位「広島県」、 9位「福井県」など行き先の多様化が見られるという。

昨年に引き続き、関西圏の人気の高さがうかがえる一方で、昨年の国慶節では4位だった東京都が2位に順位を伸ばし、初めて訪日する人が増加している可能性を示しているという。

また、広島県についての具体的な投稿をみると、海・山などの自然、世界遺産(厳島神社)などの観光資源やグルメ(牡蠣、お好み焼きなど)に関する人気に加え、スキーやアイドルコンサート、歴史に関する言及など多岐に渡り関心を集め、福井県は、寿司や越前蟹などについての書き込みが多く、グルメに注目が集まっているという。

日本でしたいことをランキングにしたところ、「買い物したい」がダントツのトップで、 2位「雪を見たい」や5位「スキーをしたい」など季節要因が訪日需要に大きく影響にしているという。

また、 3位「日本料理を食べたい」、 4位「温泉に入りたい」、 6位「ライトアップ(夜景)を見たい」など定番の需要があがる中、 9位に「餅つきをしたい」が初ランクイン。10位以下にも「民宿に泊まりたい」「カプセルホテルに泊まりたい」「利き酒をしたい」「日本料理を作りたい」などがあがったという。

春節に日本で買いたいものを調査したところ、 1位「化粧品」、 2位「ベビー用品」、 3位「健康食品/サプリメント」、 4位「医薬品」、 5位「生活用品」になったという。一昨年、昨年までは、医薬品がトップで次いで化粧品だったが、今年は化粧品、ベビー用品が入れ替わる結果となったという。今回、医薬品が4位と大幅にランクダウンした要因は、日本土産として定番化したことによりSNSへの投稿自体が減少したことが一因と推測されるという。

また、この春節に注目のアイテムは、化粧品カテゴリーの「フレッシェル クリアソープN」で、ベビー用品カテゴリーの中で注目のアイテムは、「ピジョン ベビーおふろでローション フローラルパウダーの香り」だという。ベビー用品カテゴリーではおむつがダントツの人気だったが、昨年は離乳食やボディケア商品と様々な商品が注目され、ここ最近じわじわとクチコミ数が増加しているという。