17日、スイス・ダボスで同日、ダボス会議が開かれ、初参加の習近平中国国家主席が演説を行った。習国家主席の演説について新華社通信はダボス会議の創設者で会長であるクラウス・シュワブ氏の発言を紹介し、称賛したと伝えた。写真はダボス会議の会場。

写真拡大

2017年1月17日、スイス・ダボスで同日、世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)が開かれ、初参加の習近平(シー・ジンピン)中国国家主席が演説を行った。習国家主席の演説について新華社通信はWEFの創設者で会長であるクラウス・シュワブ氏の発言を紹介し、称賛したと伝えた。

習国家主席は経済のグローバルは必要であるとの姿勢を示し、地球温暖化対策の新たな国際的枠組み「パリ協定」に関して、「パリ協定は世界の発展の方向と一致しており、共に堅守すべきで放棄してはいけない。これは我々が負わなければならない次の世代に対する責任だ」と支持した。

演説後、シュワブ会長は「習近平国家主席は非常に重要な演説を行った。我々に光をもたらしてくれた。現在、世界は多くの挑戦と重圧に直面している。習国家主席の演説は、未来に対する自信を一層強くしてくれた。人類は運命共同体であり、世界の夢と中国の夢はつながることができる」と称えた。

このほか、世界経済の発展で開放的な考えを示した習国家主席に対し米次期大統領のトランプ氏は自国を中心とした保護主義な政策を取ると思われ、パリ協定の脱退も示唆していることから、「習国家主席は演説でトランプ氏をけん制した」との見方も強い。(翻訳・編集/内山)