他人の評価が気になる人は、“誰が何といおうと”昼食にはソバを頼め

写真拡大

「仕事にやる気が出ない」「もっと頑張らなくては」──。こんな悩みを抱えている人は多いのでは。今大ブームのアドラー心理学は、無理に頑張らなくても、自分のやる気を引き出せる方法を教えている。やる気をなくしてしまった7つの症状別に「やる気が湧く行動習慣」を紹介していく。

■(1)「超」気配り型

■評価軸が他者にあると他人の注目が気になる

「出る杭は打たれる」式の日本文化を象徴してか、目立ちすぎないようにと周囲の顔色を窺っているビジネスパーソンは非常に多い。だが、職場で過度な「気配り」をすることでやる気を失い、結果的に仕事のパフォーマンスが落ちていないだろうか。

そもそも、周りを気にするとはどういうことか。アドラー心理学を使った研修やカウンセリングで定評のある岩井俊憲氏は「アドラー流にいえば、承認欲求が強すぎる状態」と定義づける。「評価軸が他者にあるため、他者からどう注目されるか、他者が自分に何を与えてくれるかが気になる」のだという。組織人事コンサルタントであり、アドラー派の心理カウンセラーでもある小倉広氏は、こうした人を、「自分の人生という名のクルマのハンドルを他人に渡している」と表現する。

そんな「気にしい型」がやる気を出すにはどうしたらいいか。「まずは自分のことは自分で決めると決意をすることが大事」と小倉氏はいう。米大リーグのマイアミ・マーリンズに所属するイチロー選手は「負けているときに落ち込んだり勝っているときに喜ぶチームは怖くない。負けているのに元気なチーム、勝っているのに喜ばないチームこそが怖い」という趣旨の発言をしている。周囲からの評価や、状況に一喜一憂するのではなく、セルフチェックをして自分にOKを出すのが一流。つまり、評価軸を自分の中に見出すのだ。

そのためには人目を気にしない訓練が必要になる。ごく簡単なことでいい。たとえば、上司と意見が違う場合、臆せずに自分の意見を主張してみるのはどうだろう。あるいは明日にでもできることとして、自分の好きな色のジャケットやシャツを着てみたり、流行の髪形に変えてみたりするのもいい。ささやかなことでいいから、人目を気にせず自分らしさの一歩を踏み出すのが大事なのだ。

「そんなことをしたら嫌われないだろうか」と心配する向きに小倉氏はこういう。「多くの場合、他人は自分が思うほど自分のことに興味がない。みんな自分のことで精一杯です。それを体験してみることで人目を気にすることのバカらしさに気づく」。

■誰が何といおうと昼食にはソバを頼む

「周りの目をいちばん気にしている人がいちばん嫌われる」と明かすのはメンタルコーチとして活躍する平本あきお氏。「おまえ、オレの顔色を窺っているだろう」と見透かされてしまうのだ。平本氏のクライアントである某オリンピック選手はかつて、実力は十分ながら、試合で納得のいく結果を出せなかった。その理由は周囲に気を使いすぎる性格にあった。だが、平本氏のコーチングの甲斐あって、その選手は周囲を気にせず練習に打ち込めるようになり、オリンピック代表団に選ばれ、最終的には念願の金メダリストとなった。

では、コーチのいないビジネスパーソンが、これを一人でやるにはどうしたらいいか。「周りが気にならないようにするには、本当は自分がどうしたいか、という軸があればいい」と平本氏。その訓練として、一日一個、「誰がなんといおうが、今日はこれをしたい」ということを決めてやり遂げることを勧める。たとえば、今日のランチはソバにすると決めたら同僚が何を選ぼうと、「じゃ、オレも同じもの」と流されることなくソバを注文する。ささやかなことでいい。自分で決めたことを人に影響されずにやり遂げる感覚を育成するのが効果的だという。

そうはいっても、周囲の目が気になって仕方ない人もいるだろう。「どうせ気になるなら、どうすれば周りの人が幸せな気持ちになるかを考えてはどうか」と発想の転換を促すのは書道家の武田双雲氏だ。

書道家として独立して間もない頃、路上で書道パフォーマンスをしていた武田氏は、道行く人から自分に向けられる視線にばかり意識が集中していた。そんな負の状態では足を止めてくれる人もなく、途方に暮れた武田氏は、考え方を180度転換。通り過ぎる人の表情に関心を向け、「この人を喜ばせるにはどうしたらいいだろう」と考えるようにした。

すると、「自分もどんどん楽しくなって、気がつくと人だかりができていた」という。他人の評価を気にして心配するのではなく、発想を逆転させて、「心配」を他者への「心配り」に転換できたおかげで、人々が心を開いてくれたのだ。

----------

岩井俊憲(いわい・としのり)
ヒューマン・ギルド代表取締役、中小企業診断士、上級教育カウンセラー、アドラー心理学カウンセリング指導者。カウンセリング、カウンセラー養成や公開講座を行う。
 
小倉 広(おぐら・ひろし)
小倉広事務所代表取締役。組織人事コンサルタント、アドラー派の心理カウンセラー。リクルート、ソースネクスト常務、コンサルティング会社代表取締役を経て現職。
 
平本あきお(ひらもと・あきお)
チームフロー代表取締役、メンタルコーチ。東京大学大学院修士課程修了。米国の心理学専門大学院(アドラー心理学)でカウンセリング心理学修士課程修了。
 
武田双雲(たけだ・そううん)
書道家。東京理科大学理工学部卒業。3歳より書道家である母に師事し、書の道を歩む。約3年間のNTT勤務を経て書道家として独立。独自の創作活動で注目を集める。
 

----------

(小島和子=文 大沢尚芳、榊 智朗、柳井一隆=撮影 教えてくれる人:岩井俊憲、小倉広、平本あきお、武田双雲)