あなたは、極上のシャルドネをグラスになみなみと注ぐ方ですか。そのような注ぎ方をすると、ワインの味わいが少し落ちます。実は、どのようなワイングラスであれ、適量を注ぐ簡単なトリックがあるのです。

Laura Burgess氏がThe Kitchnで説明している通り、ワインは正しく注ぐのが大切です。ワイングラスは、ワインを適量だけ空気に触れさせることで、その風味と香りが高められるようデザインされているからです。だからワインの量が多すぎたり少なすぎたりすると、味わいを堪能できません。Burgessが教える、注ぎ方の秘訣は以下の通り。

トリック:グラスの一番広がっているところまでワインを注ぐ

以上です。でも、そうすることでワインを最高な形で味わうことができます。

Burgess氏によると、1つだけ例外があります。それは、フルート型のシャンパングラスにスパークリングワインを注ぐとき。このグラスは、一番広がっているところより上のところまで注がれるようデザインされているからです。


Patrick Allan(原文/訳:コニャック)