画像

写真拡大 (全2枚)

 京セラコミュニケーションシステムは、1月17日、広告配信サービス「KANADE DSP」にて、スマートフォンアプリ向けリエンゲージメント広告の提供を開始した。

 京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)は、広告配信サービス「KANADE DSP」において、iOS、AndroidOSに対応したスマートフォンアプリ向けリエンゲージメント広告の提供を開始した。
サービスイメージ

 リエンゲージメント広告とは、EC事業者などが提供するアプリ(以下、自社アプリ)を既にインストールしているユーザーに対して、自社アプリの利用促進を目的に広告を配信する手法。

 今回、提供を開始するリエンゲージメント広告では、計測ツールとの連携によりユーザーのアプリ利用状況を分析し、パーソナライズされたレコメンデーションバナーを、アプリ広告枠へ配信する。これにより、通販・旅行・不動産・人材紹介など、多品種を扱う広告主のユーザーへ、興味関心に基づいたコミュニケーションを行うことで、自社アプリの利用頻度の向上・休眠ユーザーの呼び戻しを図る。

MarkeZine編集部[著]