目標達成時に「バンザイマーク」表示、モチベーションが高まる

写真拡大

オムロンヘルスケアは、活動量計「カロリスキャン HJA-405T」を2017年1月20日に発売する。Bluetooth通信機能で測定データをスマートフォンで簡単に確認・管理できる。

階段上りや早歩きを識別した歩数測定

専用アプリ「オムロンコネクト」のほか、アップルの「ヘルスケア」など他社製の健康管理アプリとのデータ連携に対応し、測定データの他社アプリでの管理も可能だ。

気圧センサーによる気圧変動と、加速度センサーによる歩行認識から、平地での歩行と階段の歩行を識別し「階段上り歩数」を測定できるほか、加速度センサーが4Mets(身体活動の強さの単位)以上の歩行を"早歩き"として識別。これにより、「早歩き歩数」の測定も可能だ。通勤途中や日常生活での、ちょっとした努力の成果を確認できる。

1か月(4週間)の減量目標を設定すると、必要な1日の目標活動カロリーを自動算出。階段上りならあと何分、早歩きならあと何分と分かりやすく表示する。目標達成すれば「バンザイマーク」が表示され、モチベーションを高めてくれるという。

電源はリチウム電池「CR2032」×1個。落下防止用ストラップなどが付属する。

また、Bluetooth通信機能非搭載モデル「HJA-404」も同時発売。

価格はいずれもオープン。