モバイルルータは「縦持ち」が最適解かもしれない。auが2月発売『Speed Wi-Fi NEXT W04』

写真拡大

auは、WiMAX 2+/au 4G LTE対応で下り440Mbps通信に対応したファーウェイ製モバイルルータ「Speed Wi-Fi NEXT W04」を2月中旬に発売します。

Speed Wi-Fi NEXT W04は、WiMAX 2+の4x4 MIMOとCA両対応により、受信最大440Mbpsの高速通信に対応したモバイルWi-Fiルータです。また、au 4G LTEにも対応。WiMAX 2+ 2波とau 4G LTE 1波の3波キャリアアグリゲーションにも対応し、こちらは受信最大370Mbpsを実現。また、au 4G LTEの800MHz(プラチナバンド)対応で、広いエリアで高速通信が可能な点を売りにします。

またアップロードも高速化。従来モデルのUQ網における上り速度は10Mbpsと、低速なのがネックでした。W04ではアップリンクCAおよび上り側の64QAM通信に対応し、30Mbpsに高速化しています。

手に持った感覚は、まるでスマートフォン


本製品の特徴の1つは、縦長のスティックデザインを採用したことによる、スマートフォンライクな操作性です。

従来のルータは、初代Pocket Wi-Fiなど縦持ちの機種もあったものの、横に持っての両手持ちでの操作が一般的でした。カバンの中に入れっぱなしにすることも多く、これでもさほど不便はしないのですが、いざ設定を切り替える際に、操作に戸惑うことも多々あったわけです。

一方のW04では、縦長のスティック型デザインを採用。また、物理ボタンで設定する初代Pocket Wi-Fiと異なり、2.4インチのタッチパネルを採用します。

このため、手に持った感覚はまるでスマートフォン。慣れ親しんだスマートフォンライクなタップ&スワイプ操作で、片手で簡単に設定を切り替えられます。例えば、ハイパフォーマンスモードと省電力モードを切り替える際なども簡単。このスティック型が、現時点でのWi-Fiルータ形状の最適解なのではないかと感じるほどです。

なお表面は表面・裏面ともに光沢仕上げで、指紋が付きやすいのが気になりました。

バッテリー容量は2750mAh。パフォーマンス設定は「ハイパフォーマンス」「ノーマル」「バッテリーセーブ」の3段階で設定できます。連続通信時間はノーマル時で約540分(約9時間)。

Wi-Fi規格は802.11a/b/g/n/acで、最大接続可能数は10台。また、省電力なBluetoothテザリングにも対応し、こちらの最大接続台数は3台です。インターフェイスはUSB 3.0、外部接続端子はUSB-Cを採用します。本体サイズは130 × 53 × 14.2mm、重さは140gです。