男子が友だちに自慢したくなる「彼女の職業」6選

写真拡大

素敵な彼女ができたら、つい友だちに自慢したくなってしまう男性も多いことと思います。美貌やスタイル、家事力など……自慢のポイントは様々ですが、彼女の職業というのも、アピールポイントの一つだと言えるでしょう。もしも彼女がこんな職業についていたら……思わず友だちに自慢したくなってしまうかも!? 男性意見を集めてみました。

(1)キャビンアテンダント

・「CAなど、きれいな人が多いとイメージされやすい職業」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「美人が多い客室乗務員は紹介したい」(38歳/医療・福祉/専門職)

美人で勉強もできるイメージなのが、キャビンアテンダントの皆さんです。厳しい試験を突破する必要があるからこそ、「特別感」を抱かせる職業ですよね。実際に友だちに自慢したら、「いったいどこで出会った?」と質問攻めにされてしまいそう……!?

(2)医療従事者

・「正看護師。比較的、ヒラは休みの融通がきき、衛生観念があり、収入もある」(37歳/その他/その他)

・「医療従事者。家族だけでなく、他人の生活も守れる力と資格を持っているから」(36歳/機械・精密機器/技術職)

国家資格を有する医療従事者は、安定性も抜群! 中でも「看護師」を挙げる男性意見が目立ちました。男性に「将来」を意識させやすい職業とも言えますから、ぜひ積極的にアピールしてみてください。

(3)芸能関係

・「女優やミュージシャンなどの何らかの舞台に立つ職業」(39歳/その他/クリエイティブ職)

・「モデル。やっぱり自慢できると思うから」(37歳/金融・証券/事務系専門職)

華やかな世界で活躍する女優やモデルも、男性たちが思わず自慢したくなる職業と言えるでしょう。みんなに人気のあの子が、実は俺の彼女!なんて、自慢しないほうが難しいのかも……!? とはいえ彼女の立場も考えると、現実的には難しいでしょう。

(4)先生

・「子ども向けの仕事。例えば保育士とか、学校の先生とか。笑顔を絶やさない人が好き」(39歳/その他/販売職・サービス系)

・「保育士。子どもが好きな女性はポイントが高いです」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

保育士や幼稚園・学校の先生は、日常的に子どもと接する職業です。子どもの扱いに慣れていて、育児能力も高そうなイメージがアリ。その女性らしい魅力は、十分自慢ポイントになると言えそうです。

(5)弁護士

・「弁護士。とりあえず手を出してくる奴はいなくなる」(36歳/情報・IT/その他)

・「色々あるだろうが、弁護士とかだったらちょっと自慢したいかも」(23歳/その他/クリエイティブ職)

かなり知的な印象のある弁護士は、男友だちに自慢しておくメリットも様々です。弁護士と言えば、法律の専門家でもあります。軽い気持ちで手を出される……なんてリスクも少なくなるでしょう。

(6)実業家

・「会社社長。理由は、だったらいいなという願望」(34歳/その他/その他)

・「自営業。自分の力でビジネスをやっている女性はすごいと思うし、尊敬する。かっこいいと思う」(27歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

女性の働き方が多様化している現代ですから、当然「彼女が社長」というケースもあるでしょうね。もしも友だちから「俺の彼女、社長なんだよね」なんて自慢をされたら、かなり驚いてしまいそう! 彼をヒモにしないよう、注意する必要もあるのかも……!?

<まとめ>

男性たちが思わず友だちに自慢したくなる6つの職業はいかがでしたか? 該当職業についている女性は、ぜひ積極的にアピールしてみて。毎日のお仕事が、恋愛の助けになってくれるのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数397件(22歳〜39歳の働く男性)