「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー〜シャイン・オン!〜」

写真拡大

東京ディズニーシー(TDS)では2017年を迎えて、16年4月から行われている15周年のアニバーサリーイベントが「グランドフィナーレ」のステージに入った。メディテレーニアンハーバーでの公演「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」が、新たな演出を加え同期間限定の「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー〜シャイン・オン!〜」にかわるなど、1年間続いたお祝いの「終幕」に向けてのカウントダウン。「ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ〜グランドフィナーレ〜」は3月17日まで行われる。

輝き増す「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」

「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」のフィナーレバージョン「シャイン・オン!」は、ミッキーマウスの「クリア」、ミニーマウスの「赤」、ドナルドダックの「青」など、登場するディズニーの仲間たちが持つ「ウィッシュ・クリスタル」の輝きが一段と増し、未来へ向かう旅立ちを迎えるというストーリー。ミッキーらは期間限定の特別コスチュームで登場する。

ショーの終盤、いよいよ旅立ちというパートでは、ステージいっぱいにシャボン玉が舞うという演出が添えられ、パイロと呼ばれる特殊効果の花火が次々に打ち上げられる。「シャイン・オン!」では、それまではなかった夜間公演を実施。夜空を背景に、クリスタルやシャボン玉が光にきらめく幻想シーンが展開される。

「スウィート・ダッフィー」も

TDSでは「ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ〜グランドフィナーレ〜」と同期間、ダッフィーとシェリーメイ、ジェラトー二らが、ミッキーとミニーを喜ばせようとスイーツ作りに挑戦するというストーリーをもとにしたプログラム「スウィート・ダッフィー」を開催中。パーク内にデコレーションやフォトスポットが設けられ、スペシャルグッズやスペシャルメニューが提供されている。

また、TDSと一体のホテルミラコスタでは、地中海レストラン「オチェアーノ」などでスペシャルメニューとして「スウィート・ダッフィー」ランチコースが提供されている。

一方、東京ディズニーランドではやはり3月17日までの期間、冬のスペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」が行われている。