猫だけど助産師! 親友のヤギの出産にフミフミしながら立ち会うニャンコが献身的すぎます

写真拡大

出産間近のヤギ、コッパーのそばをじっと離れずわっせわっせとマッサージしていたのは、ニャンコさん! 長い毛並みが愛らしいニャンコの名前はプリティーボーイ、その名のとおり男の子です。

大好きなコッパーのために専属の「助産師」さんそして「マッサージ師」と化したニャンコの献身的な姿を、アメリカにある猫の救助・保護活動を行う団体「Operation Fancy Free」がフェイスブックに投稿しました。

【なにがあっても離れないニャ!】

赤ちゃんが生まれてくるまで、ずっとコッパーにくっついていたというプリティーボーイ。共に眠り、片時も離れず横に座って、マッサージを行っていたようです。

毛布などをフミフミするのはニャンコの習性のようですが、コッパーをマッサージするプリティーボーイのお手手はまさに、そんな感じ。まあるい手で優しく胴体をもみほぐしていく姿に深〜い愛を感じられて、胸キュンしたり感動したりと、忙しいことこの上ないんですよコレが……。

【無事に出産できたみたい】

プリティーボーイの付き添いのおかげか、コッパーは無事に出産を終えることができたよう。「Operation Fancy Free」フェイスブックによると、オス2匹とメス1匹、合計3匹の赤ちゃんが誕生したんですって。コッパーお疲れ様、そしておめでとう!

大の仲良しであるプリティーボーイとコッパーは専用のフェイスブックアカウントを開設しているようで、こちらでも仲睦まじい姿を確認することができます。赤ちゃんヤギたちも見ることができるので、ぜひとものぞいてみてくださいっ♪

参照元:Facebook Operation Fancy Free、Pretty Boy & Copper、YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る